_S2A6582.jpg
YU YAMASHITA

メッセージ

山下  佑

やました ゆう

出身大学:東海大学(2019年卒)

想像以上の守備範囲の広さ

東京都出身で東海大学を卒業後、杏林大学医学部付属病院で初期研修を修了しました。

私は学生時代から専門的な手技を持ち、自分の知識、技術が患者さんの今後の人生に直結する外科医を志していました。初期研修で各科をローテートしていく中で疾患に対する治療だけでなく、退院後の生活を今まで以上に意識するようになり、治療が患者さんのADL改善、早期社会復帰、QOL向上に繋がる整形外科の領域に興味を持ちました。

整形外科で2ヶ月間(外傷班、肩関節班)研修し、身体診察、ブロック注射等の保存的治療、外科的治療など整形外科の手技の多さ、守備範囲の広さに非常に驚きました。また足関節外顆骨折のプレート固定や橈骨遠位端骨折のプレート抜去などの執刀、肩や膝の関節内注射、脱臼整復など多くの手技をレクチャー、実践、フィードバックの流れで経験させて頂き充実した日々を過ごすことが出来ました。忙しい日々の中で、保存的加療、外科的加療の治療効果を患者さん、医療者ともに目に見えて実感する事ができる点にやりがいを感じ、杏林大学整形外科に入局を決めました。

_S2A2519.jpg
YU YAMASHITA
相談しやすい、アットホームな雰囲気

整形外科は高齢者から新生児まで患者の年齢層が幅広く、患者数も内科の次に多いと言われています。外科志望の研修医はもちろん、内科志望の研修医も腰椎疾患や骨折などのコモンディジーズの診察手技、画像所見の読影習得のために1度選択して頂ければと思います。

杏林大学整形外科は教育熱心で面倒見の良い先生が多く、アットホームな雰囲気があり、私のような他大学出身者でも相談しやすい環境です。ぜひ一度見学で医局の雰囲気を見て頂ければと思います。皆さんとお会いできる日を楽しみにしています。