_S2A1061.jpg

診療チーム紹介

股関節・小児診療チーム

股関節・小児診療チーム紹介

私たち股関節・小児整形診療班では、股関節及びその周辺疾患や小児整形外科領域に対する外来診療・手術治療・術後管理・術後リハビリテーションなどが主な内容になります。また最新の知見を得るために積極的に各種関係学会・勉強会へ参加・活動しております。

 

主たる対象疾患としては、変形性股関節症、大腿骨頭壊死症、リウマチ股、人工股関節・人工骨頭置換術後のゆるみ・感染などの慢性成人股関節疾患や発育性寛骨臼形成不全、発育性股関節脱臼、大腿骨頭すべり症、内反足などの小児整形外科疾患などが挙げられます。市中病院では手術困難な症例にも可能な限り対応しており、年間100件以上の股関節・小児関連の手術を行っています。

杏林大学医学部付属病院 整形外科 股関節・小児診療チーム

変形性股関節症

杏林大学医学部付属病院 整形外科 変形性股関節症
杏林大学医学部付属病院 整形外科 変形性股関節症
原因

我が国においては寛骨臼形成不全、いわゆる股関節の形態異常をベースにするものがほとんどですが、病態としては関節軟骨がすり減ったことに対する生体の防御反応として骨の増生、変形が生じる疾患です。寛骨臼形成不全以外では、外傷後や炎症性関節疾患なども原因となり、続発性股関節症が生じることがあります。

症状

歩行時痛が一番不快な自覚症状であり、変形が進行すると関節可動域も狭くなり日常生活動作に支障をきたすこともあります。

治療方針

変形の度合い(病期)と症状は必ずしも連動しておらず、基本的には症状に合わせた保存加療で症状の緩和が得られるかどうかを判断します。保存加療で目標が達成されない場合には手術加療を検討します。手術加療は大別すると、自身の骨・関節を温存する骨切り術か人工関節置換術かの選択となります。治療選択の大きなポイントになるものは病期と年齢になります。人工関節は最終手段であり、人工物の寿命、人工物周囲の良好な骨の維持の観点から、若年者に対する人工関節手術の適応は慎重に検討する必要があります。当科では可能な限り骨温存を考慮して手術の選択をしております。人工股関節置換術を施行した場合、術後2日目には荷重制限なく離床でき、間もなく歩行訓練も開始し、術後約2週間で自宅退院される方がほとんどとなっております。

杏林大学医学部付属病院 整形外科 股関節・小児診療チーム

各種 骨切り術

棚形成術

杏林大学医学部付属病院 整形外科 棚形成術

寛骨臼回転骨切り術

杏林大学医学部付属病院 整形外科 寛骨臼回転骨切り術

人工股関節全置換術

杏林大学医学部付属病院 整形外科 人工股関節全置換術

大腿骨頭壊死症

杏林大学医学部付属病院 整形外科 大腿骨頭壊死症
原因

大腿骨頭の骨細胞が阻血による壊死を起こす疾患ですが、原因が不明である特発性大腿骨頭壊死症と、骨折後・血管塞栓疾患など原因が明らかな続発性大腿骨頭壊死に分けられます。ステロイドの大量投与、アルコール多飲歴は危険因子であり、発生に関連するといわれていますが、機序が不明であり特発性に含まれます。

症状

壊死の発生だけでは無症状ですが、壊死領域に圧潰が生じると疼痛が出現し、この時点が発症となります。骨頭の圧潰小規模で、疼痛が自制内でおさまるケースもみられますが、症状は悪くなる一方で、手術治療を余儀なくされるケースを多く認めます。

治療方針

骨頭の圧潰が生じるまで、つまり発症前は基本的に保存的に経過観察。骨頭が圧潰してくると手術を検討することになりますが、壊死領域の範囲、病期によって骨切り術による骨温存手術か人工股関節置換術かを検討します。さらに特発性大腿骨頭壊死症の好発年齢が青壮年期であるため、年齢も十分考慮したうえで手術方法を選択することが重要となります。

発育性寛骨臼形成不全、先天性股関節脱臼

杏林大学医学部付属病院 整形外科 発育性寛骨臼形成不全、先天性股関節脱臼
原因

生下時もしくは生下後に大腿骨と骨盤の位置関係が悪く、股関節が脱臼をしている状態です。先天的な因子や出生後の生活習慣、胎位の異常、多胎妊娠、子宮筋腫、羊水過少などが原因と考えられています。

症状

脚の長さが異なることから立て膝をすると膝の高さが左右で違ったり、股関節を伸ばした際に大腿部のシワのより方に左右差が生じていることが目安となります。通常、生後3か月の検診にてスクリーニングされ、疑いがある場合は整形外科に相談されます。

治療方針

脱臼がある場合には整復する必要があります。まずは入院にて持続的に下肢を牽引する治療方法で整復を試みます。2~3週間かけて整復を行い、整復できたものには引き続き装具療法にて整復の保持と寛骨臼の成長を促すような治療となります。これらの非観血的な治療法で整復不可能、整復位が保持できない症例には外科的治療にて脱臼の整復、整復阻害因子の除去を行います。

牽引療法

杏林大学医学部付属病院 整形外科 牽引療法

リーメンビューゲル装具

杏林大学医学部付属病院 整形外科 リーメンビューゲル装具