研修・キャリア

女性医師の活躍

杏林大学整形外科では、女性医師の入局を歓迎しています。

他大学出身でも、他県出身でも、整形外科に興味のある方はまずは見学に来てみてください。

女性医師よりメッセージ

杏林大学医学部付属病院 整形外科 稲永 紗季
稲永 紗季

どこに入局しても、男性でも女性でも思い通りにいかないことや辛くやめたくなることは必ずたくさんあると思います。その時に親身に相談に乗り、応援して下さる先生がたくさんいます。どんな時も前向きに、希望を持てる働き方、臨床、研究の道筋を一緒に見つけて導いてくれます。規模が小さい分、とても温かい医局です。

もっと詳しく見る ›

杏林大学医学部付属病院 整形外科 加藤 静香
加藤 静

当院の医局には女性医師が非常に少なく、入局にあたって本当に続けていくことができるのであろうかと非常に悩みました。しかし、多くの医局員の先生方が女性医師を増やしていきたいと思っている事や同期に同じく女性医師がいた事が後押しとなり、入局を決めました。

もっと詳しく見る ›

杏林大学医学部付属病院 整形外科 藤井 亜美
藤井 亜美

入局を考えると女医の数が少ない点が心配も人も居るとは思いますが、私は必ずしも「女医が多い=女医が働きやすい環境」ではないのかなと思います。例えば、女医が多いと先輩と休職の時期を被らないように気を使ったりすることもあるかと思います。うちはその点個人のペースに合わせてサポートしていける環境ではないかと思いますので、安心して入局して頂ければと思います。

もっと詳しく見る ›

よくある質問

整形外科は力作業が多いですか?

他科と同じくらいで、皆さんが想像しているほど、特別力作業が多いわけではありません。

力が必要な場面も確かにありますが、力の入れ方や機器の使い方にコツがあります。

整形外科のカバーする領域は非常に幅広いため、女性ならではの細やかで丁寧な仕事が求められる場面が多々あります。手術においては、さまざまなデバイスを用いることができるため、他科と比較して体力・筋力が特別必要ということはありません。もし力作業が必要になった場合は、男性医師が助けますのでご安心ください!

_S2A6627.jpg
妊娠・出産・子育てと仕事の両立はしやすいですか?

少数ですが育児中の女性医師が在籍しています。

当科は大学病院でありながらも少人数でアットホームな雰囲気があり、働き方についても上級医に相談しやすい環境です。これまで女性医師が少なかった科だからこそ、医局全体で女性医師の働き方をバックアップしていこう!という雰囲気があります。

_S2A6716.jpg
女性整形外科医のメリットは?

整形外科を訪れる患者さんの多くは女性です。

女性医師のニーズは他の診療科以上のものがあります。

_S2A6563.jpg