B84X0008.jpg

教室紹介

教室の歩み

当教室は、1970年(昭和45年)4月、加藤正 助教授(新潟県肢体不自由児施設はまぐみ学園園長)、田中浩次 講師(新潟臨港病院整形外科医長)が着任したことに始まります。

同年7月、新潟大学整形外科より向後博 助手、河路渡 教授が着任し、整形外科学講座を開講しました。そして2020年、50周年を迎えました。

歴代教授

1970~1992
杏林大学医学部付属病院 整形外科
河路 渡 教授

専門分野

変形性股関節症に対する関節固定術、化膿性骨髄炎の臨床的研究

1992~2002
杏林大学医学部付属病院 整形外科
石井 良章 教授

専門分野

小児整形外科、股関節手術

2002~2011
杏林大学医学部付属病院 整形外科
里見 和彦 教授

専門分野

脊椎脊髄外科、脊髄誘発電位に関する臨床および基礎的研究

2011~2013
杏林大学医学部付属病院 整形外科
望月 一男 教授

専門分野

骨軟部腫瘍

2011~
杏林大学医学部付属病院 整形外科
市村 正一 教授

専門分野

脊椎脊髄外科、骨代謝、軟骨代謝、コラーゲン代謝

2018~
杏林大学医学部付属病院 整形外科
森井 健司 教授

専門分野

骨軟部腫瘍

2020~
杏林大学医学部付属病院 整形外科
細金 直文 教授

専門分野

脊椎・脊髄、脊柱変形