_S2A0893.jpg

研修・キャリア

関連病院紹介

加納岩総合病院

杏林大学医学部付属病院 整形外科 加納岩総合病院

所在地

山梨県山梨市上神内川1309

https://kanoiwa-hospital.or.jp/

 

2021年度、4月より赴任した井上です。

当院は山梨県東部、国内産のワインで有名な勝沼の北西部に位置し、ブドウ畑や桃の畑が広がり、農業を中心産業としている地域にある私設の総合病院です。地域がら、果樹栽培に携わる方や高齢者が非常に多い地域であり、関節・脊椎の変性疾患で困っている患者さんも多く、また骨折に限らない外傷の患者さんも数多く診療しております。近隣を含めて総合病院・整形外科が数軒存在しておりますが、救急診療の受け入れを含めて最も活発に診療を行っていると自負しております。私自身は股関節の専門ですので、これからはますます股関節の変性疾患の治療症例を増やしていくべく診療をしております。他の常勤の先生としては、手の外科を専門とする大野先生と杏林大学からの研修でローテーションする若手の先生(現在は高畑先生)で構成され、3人態勢で診療にあたっています。手術治療は年間500件ほど施行しておりますが、外傷6割、慢性疾患4割といった割合で施行しております。外傷に関してはどこの関連病院でも多くの治療を行っていますが、当院はその中で慢性疾患も多数手術治療を行っております。山梨県は杏林大学、整形外科の医局出身の先生方が多数いらっしゃるので、その先生方の力もお借りしつつ、脊椎・関節疾患を中心に専門医、指導医の元で手術症例を経験できる環境にあります。また、高齢者の骨折予防、骨粗鬆症治療にも力を入れており、昨年より多職種が協力して骨粗鬆症治療に携われるようなチーム(OLS osteoporosis liaison service)を設立し、骨粗鬆症の治療率の向上、ひいては地域の骨折の予防を目指して治療を行っています。

山間部にある病院なので、都市部の病院とは違った環境での医療を学ぶことが出来る、非常に恵まれた病院だと思います。こういう環境の中で、これから整形外科医を目指す先生方と一緒に働けることを願って、楽しみにしています。

久我山病院

所在地

東京都世田谷区北烏山2-14-20

http://www.kugayama-hp.org/

 

初期研修医の皆様、久我山病院の整形外科医長の長谷川です。

久我山病院は杏林大学整形外科教室関連病院の中で数少ない23区内に所在する病院です。世田谷区の北端に位置しますが、杉並区、三鷹市との境界であることから、閑静な住宅地の一角にあります。杏林大学医学部附属病院からも車で10分と大学からも最も近い場所に立地しています。病床数は190床でそのうち整形外科は45床程度の患者さんを担当しております。病院には老人保健施設、特養老人ホームの併設、また周辺には高齢者施設も多数存在し、当院と地域連携体制が整っていることから多くの外傷患者さんの手術症例がございます。また大学病院からの紹介患者さんも多数いらっしゃいます。

現在常勤医は4名で、各々の専門は、脊椎外科・関節外科・外傷・救急医療です。そのため幅広い疾患の症例を経験することができます。また手術件数も年間600-700件と多く、外傷などの急性期治療以外に、脊椎外科、膝関節外科などの慢性疾患の症例に触れることができるのも当院の魅力です。脊椎外科は脊椎内視鏡手術の症例が多く、大学では経験できない手術の一つです。また膝関節外科は人工膝関節置換術、ACL再建術、骨切り術など幅広く行っています。外傷チームも、新しい概念、治療法を積極的に取り入れており、大学では経験できないスピード感、自由度があると思います。

常勤医以外でも、大学から週3日外勤先として当院にいらっしゃることもあると思います。ぜひ整形外科教室に入局していただき、一緒に仕事をできることを楽しみにしています。

見学などの要望がございましたらいつでも長谷川までご連絡ください。

佼成病院

杏林大学医学部付属病院 整形外科 佼成病院

スタッフ

  • 部長:小谷 明弘

  • 医長:丸野 秀人、大畑 徹也  

  • 医員:佐藤 俊輔、高柳 正俊

所在地

東京都杉並区和田2丁目25番1号

https://kosei-hp.or.jp/

 

整形外科ではおもに骨、関節(靭帯)、筋肉(腱)、神経などの病気を診療している。

例えば外傷やスポーツでの骨折や、お年寄りの膝の痛み(変形性膝関節症)、運動中の突然の筋肉痛(肉離れ) 、腰が痛く足がしびれる(腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄)ような状態などの異常に対応している。また痛風、骨粗鬆症、関節リウマチなどの全身的な病気も整形外科で診療している。整形外科は診療領域が広いため、専門性をもった医師が診療にあたっている。

 

1) 膝関節疾患

膝関節の専門医が診療を行う。半月板損傷、靭帯損傷を含めたスポーツによるケガや、変形性膝関節症などの慢性的な病気まで広く対応している。外来診療、装具加療、リハビリ、手術を行っている。子供や成長期の疾患

・ 前十字靭帯付着部剥離骨折、円板状半月板損傷、離断性骨軟骨炎、オスグッド病

 

2) 外傷・軟部組織感染症

手の外科を含む一般的な骨折外傷から多発外傷や骨盤骨折などの外傷まで全身が安定していれば幅広く診断や治療に対応している。また軟部組織感染症も緊急対応や治療を行っている。

 

3) 脊椎脊髄疾患

脊椎脊髄病医が診療を行う。圧迫骨折に対する経皮的椎体形成術(BKP)、頚椎症や腰部脊柱管狭窄症における除圧や固定、頸椎や腰椎ヘルニアに対してヘルニア切除など行っている。

 

4) 骨粗鬆症

2019年1月22日骨粗鬆症リエゾンチームを発足し、院内の多種連携と院外の地域連携を強化して骨粗鬆症患者に対して質の高い医療を提供している。

診療実績

平成31年4 月より令和2年3 月末までの手術実績は、総手術件数が598例で外傷・急性期71%、慢性期29%。

内容は骨折265例、膝・股関節・靭帯208例、脊髄27例、手17例、抜釘を含むその他81例。

小山記念病院

杏林大学医学部付属病院 整形外科 小山記念病院

所在地

茨城県鹿嶋市厨5-1-2

http://koyama-mh.or.jp/

 

こんにちは整形外科部長の小林裕明です。

当院は茨城県鹿嶋市にあります。サッカー好きの人はご存じと思いますが、Jリーグの鹿島アントラーズの本拠地です。北浦(湖)と太平洋にはさまれた水と緑の自然がゆたかで、東国三社の一つである、鹿島神宮に見守られている病院です。

病院の施設としては現在224床ですが、常勤医が53名と多く、他科の先生とも、すぐに相談できる環境の医局であり、地域の基幹病院として、救急医療とともに地域医療に携わっております。

当科は4人体制で年間500件程度の手術を行っており、社会の高齢化や、鹿島臨海工業地帯もあることより外傷の手術が8割を占めております。大腿骨近位部骨折が多いですが、四肢、体幹あらゆる部位の外傷の手術を経験できると思います。慢性疾患でも脊椎疾患、人工股関節、膝関節置換術などの手術も行っております。また、リハビリテーションも若いスタッフが多く、医師と連携を取りチームで、患者さんの治療に真摯に取り組んでおります。

陸の孤島といわれ、のどかな感じはありますが、仕事は充実すること間違いありません。

地域医療に興味のある方は、是非、一緒に仕事も田舎暮らしも楽しみましょう。

白河病院

杏林大学医学部付属病院 整形外科 白河病院
杏林大学医学部付属病院 整形外科 白河病院

所在地

福島県白河市六反山10-1

http://shirakawa-hp.jp/

 

白河病院のある白河市は福島県の最南端に位置し、松尾芭蕉が「白川の関」と詠った東北の玄関口で、歴史ある町です。日本百名城の一つである小峰城は病院の窓からも望むことができ、東北地方では珍しい総石垣造りの城で、盛岡城や会津若松の鶴ヶ城と共に「東北三名城」の一つにも数えられています。また近隣には那須高原や猪苗代湖、さらに多数の温泉地があり、週末を楽しむことができます。

白河病院は現在、循環器内科、腎臓内科、整形外科、消化器 一般外科、麻酔科に常勤医がおり、そのほとんどが杏林大学出 身者です。一般病床は150床で、加えて人工透析病床が 62床あり県南地区最大規模の透析施設です。整形外科は3人の常勤医と週1回の脊椎専門医で外来診療や手術を行っております。患者さんは高齢者が主体で農業や酪農、林業などの方が多く、 膝・股関節の人工関節置換術や脊椎疾患に対する手術、さらに 肩関節疾患に対する関節鏡手術などのCOLD手術が大半を占 めています。一方、救急病院でもあるため高齢者の手関節、大腿骨などの骨折手術や、若年者のスポーツ外傷に対する関節鏡手術や靭帯再建術なども行っています。

せっかくなので福島県の魅力を追加しておきます。白河市がある福島県は本州で2番目に大きく前述したように近くに那須高原がありゴルフ場、キャンプ場やグランピング施設、星野リゾートなどの高級ホテルもあります 。猪苗代湖周辺でも同様の施設があり冬はスキー・スノーボードが楽しめます。県の北部には飯坂温泉、土湯温泉や会津東山温泉など数えきれない名湯があり、心身ともに癒されます。また福島県は食材も豊富で、蛍が飛び交う田んぼで作られた米、さらにその米から作られた日本酒は毎年「全国新酒鑑評会」で、金賞を取っております。秋には近くの山で採れた松茸や、冬には地球温暖化のため河豚が近海でも捕れるようになり、地方ならではの食が楽しめます。東北新幹線や震災復興のため高速道路も多く作られ東京や仙台との交通の便も良く、過ごしやすい場所です。

ホウライカントリークラブ名物ホール.jpg

ホウライカントリークラブ名物ホール

星野リゾート 那須.jpg

星野リゾート 那須

猪苗代湖と磐梯山.jpg

猪苗代湖と磐梯山

会津・東山温泉.jpg

エンゼルフォレスト那須白河

エンゼルフォレスト那須白河.jpg

会津・東山温泉

JCHO山梨病院

杏林大学医学部付属病院 整形外科 JCHO山梨病院

所在地

山梨県甲府市朝日3-11-16

https://yamanashi.jcho.go.jp/

 

こんにちは副院長の佐々木茂です。

当院は甲府駅から徒歩圏内にありながら、山に囲まれた自然豊かな環境にある病院です。山梨は果樹栽培に携わる方や高齢者が非常に多い地域ですから、関節の変性疾患や高齢者の骨折が治療の中心になります。私の専門は肩・膝関節疾患で、他に常勤は膝専門の片山先生とローテションで派遣される若手の先生で診療をしています。肩は腱板損傷・肩関節不安定症などに対しての鏡視下手術が多く、膝は変形性膝関節症に対する人工関節置換術や骨切手術、半月板損傷や前十字靭帯損傷に対する鏡視下手術を年間200件程度行い、その他は大腿骨頸部骨折を中心に外傷の手術が200件程度あります。また外来では骨粗鬆症治療にも力を入れていて、近年では先進医療で再生医療のPRP療法も開始しました。東京から交通の便も良く、周辺には昇仙峡や八ヶ岳など有名な観光地もあり、週末はゆっくりと自然を満喫できると思います。一緒に仕事ができるのを楽しみに待っています。

清智会記念病院

杏林大学医学部付属病院 整形外科 清智会記念病院

向かって左から東邦大学外科渡邊先生、整形外科  川村・木下・長谷川

所在地

東京都八王子市子安町3-24-15

https://www.seichikai.com/

 

清智会記念病院は新宿から西へ電車で約40分の八王子駅から徒歩7分の所にある病院です。八王子市は多摩地区の中核として近年大きく発展を続けている都市です。八王子駅は東京、横浜、新宿と電車1本で行くことが可能であり、高速道路へのアクセスも良い便利な場所です。

当院は2次救急病院で年間の救急車は3,000台を超え、整形外科手術は外傷中心で年間約400件あり、脊椎手術も100件程度行っています。

整形外科医師は2人が杏林大学から、1人が東邦大学からの派遣の3人です。他科の医師は東邦大学、東京医大、日本医大など様々な大学の医師が集まっています。各科の医師同志の仲が非常に良く、気軽に連携して診療にあたることができます。堅苦しい依頼などは一切ありません。

また専門外の治療は近隣にある北原国際病院(脳神経外科)、みなみ野循環器病院、東京医大八王子医療センター、東海大学八王子病院、東京西徳洲会病院、日野市立病院にお願いしています。

病床数は約180あり、回復期病棟、地域包括病床もあります。そのため、大腿骨近位部骨折や脊椎骨折の患者さんの約8割は自宅退院しています。良くも悪くも手術が終わったら、「さようなら」という病院ではありません。

手術適応でないとしても外来で困った患者さんをすぐに入院させてあげられるなど大学病院とは異なる小さな病院ですが、本人次第でいくらでも自由の利かせられる病院です。どうぞ良ければ一緒に働いてみませんか?

調布病院

杏林大学医学部付属病院 整形外科 調布病院

所在地

東京都調布市下石原3-45-1

http://www.tokokai.or.jp/

 

こんにちは。調布病院 整形外科部長の森脇孝博です。調布病院は昭和28年に開院し、地域に密着した医療を目指し、日々診療を行っています。急性期から終末期までの様々なニーズに応えるべく、病院・介護老人保健施設・訪問看護ステーションの複合型医療施設として、また東京都指定二次救急医療機関としての役割を担っています。

診療科は整形外科のほかに、内科・外科・脳外科・産婦人科・透析科の常勤医が在籍しています。

私の専門分野は股関節をはじめとした関節疾患と外傷です。私のほかには脊椎専門医である五十嵐一峰先生、毎年ローテーションで大学から派遣される若手医師の3名体制となっています。

手術内容としては、2次救急医療機関のため外傷手術が多くなりますが、人工関節や脊椎手術なども積極的に行っており、年間の手術件数は400件前後です。

杏林大学から近い場所にあり、患者様の紹介や受け入れなど、常に連携をとりながら診療を行っています。ぜひ整形外科に入局し、一緒に仕事をしましょう!

 

東大和病院

%E6%9D%B1%E5%A4%A7%E5%92%8C%E7%97%85%E9%

前列中心が数年前の私

所在地

東京都東大和市南街1-13-12

https://www.yamatokai.or.jp/higasiyamato/

こんにちは、整形外科センター長で副院長の星です。当院は私と工藤先生と山岸先生、大学からの若手研修医1名に非常勤を加えた体制で診療をしています。

工藤先生は医局で唯一の「手の外科専門医」で上肢のスペシャリストになりますし、当院は手外科学会認定の研修施設にもなります。山岸先生は脊椎のスペシャリストで難易度の高い変形矯正の手術までこなしてくれますし、高齢化社会で問題になる骨粗鬆症にもリエゾンを立ち上げて精力的に治療してくれています。

なにより当院の特色は私が行っている難治性骨折に対する治療で変形矯正や骨延長まで含めて経験することが出来ます。さらに国内でも限られた施設でしか経験の出来ない、マゴットを用いた患肢温存治療も経験することが出来ます。研修医の先生に分かりやすく伝えるなら、ほぼすべての外傷治療と感染症の治療を経験できると言ったら少し言い過ぎでしょうか。

この様に多岐に渡る疾患を専門的に経験することが出来る事、ほぼ全員がスポーツに興味があり運動好きである事、飲み会が好きな事など忙しい中にも楽しい研修をさせてあげる事が出来ると思います。

唯一心配なのは上3人が50歳を超え、気持ちと体の動きに徐々に差が生じている事でしょうか。是非その差を若い力で埋めて欲しいと思いますので、先生方と一緒に仕事が出来る日を待っていますね。

武蔵村山病院

杏林大学医学部付属病院 整形外科 武蔵村山病院
杏林大学医学部付属病院 整形外科 武蔵村山病院

所在地

東京都武蔵村山市榎1-1-5

https://www.yamatokai.or.jp/musasimurayama/

 

整形外科 青柳貴之

常勤医師は私一人です。

大学から非常勤で外来をお願いすることで外来は成り立っています。懐かしいメンツが来てくれると自分も嬉しくなってちょっとした休憩のはずが思わぬ時間経過していることもちらほらあります。外来は一日平均45名ほどです。初診も多く時間がかかってしまうのが現状です。

入院は一日平均約10名程でした。手術は年間150件ほどです。

外傷が中心ですが、大学の先生のご指導で関節手術や、山岸先生の脊椎手術も行っています。

スタッフも気心知れた気さくな人が多く仕事はやりやすいと思います。難渋する症例があれば、東大和の星先生や工藤先生に内線で一発解決!

当院の一番のうりは、イオンモールが隣で便利です。当直の夕食、気になる映画は仕事帰りにチェック!時々西武ドームにみんなで野球観戦(というか飲み会)!

写真は外来のみんなをみんな誘ったけど誰も一緒に写ってくれませんでした。。。

三鷹中央病院

所在地

東京都三鷹市上連雀5-23-10

https://m-eijyukai.or.jp/

 

こんにちは、三鷹中央病院整形外科の高島です。当院は医局の関連としては大学から最も近くに位置する二次救急指定病院です。私と渡辺の中年常勤医師二人と医局からの外勤医師で日々の診療を行っています。手術症例は外傷が中心で年間3~400例程度行っています。大学や近隣の同門の先生から紹介いただいた症例も多数含まれています。

手術日は週2日で1日3~6件程の手術を行っています。大学から派遣される若手の先生と手術をする機会も多く、当院でオペ初執刀を経験された先生も多くいらっしゃいます。(以前には週に半日のみの外勤で年間100件以上執刀した先生もいました。)

若い先生たちとの手術は楽しく、解剖・展開・骨折の整復・固定の基礎や工夫等を比較的余裕をもって指導できるのではないかと思っています。

非常勤の先生方にサポート頂き、多忙な診療をなんとかこなしてはいますが、やはり若手の力が必要になってきています。杏林大整形外科への入局を考えている先生がいましたら、初めて外傷を経験するのは当院かもしれません。是非、先生たちの若い力を発揮しに来てください。

目白第二病院

杏林大学医学部付属病院 整形外科 目白第二病院

所在地

東京都福生市福生1980

http://www.mejiro2hp.jp/

 

こんにちは、病院長の安部学です。

当院は、昭和47年2月、西多摩地区福生市に救急病院として開設され今年で創立49周年となります。国道16号線に面し道の反対側は米国空軍横田基地で、病院の周囲は異国情緒のあるところです。

診療科は整形外科、消化器外科、脳外科、内科で、常勤医は整形外科3名、消化器外科2名、脳外科1名、内科2名と少人数ですが西多摩地域の東京都地域医療センターとして多忙な日々を送っています。

 

整形外科を紹介いたします。日本整形外科学会研修施設として認定されています。診療内容は、救急病院ですので、9割は外傷性疾患で占められています。手術件数は年間600件くらい行っています。高齢化社会の現在、大腿骨近位部骨折が最多ですが、上腕骨近位端骨折、上腕骨顆部骨折、橈尺骨遠位端骨、大腿骨骨幹部骨折、大腿骨顆部骨折、脛骨高原骨折、脛骨子骨幹部骨折、脛腓骨遠位端骨など四肢全般の骨折の手術を行っていますので、入局して当院に1年間来ていただくと、四肢外傷をほぼ経験できます。若い先生になるべく執刀していただきますので、300例以上執刀できます。外傷は整形外科の基本ですので、入局した暁にはぜひ来てください。お待ちしています。

 

これからも、西多摩地域の救急医療の一端を担うべく、職員全体で頑張っていく所存ですのでよろしくお願いいたします。

緑風荘病院

杏林大学医学部付属病院 整形外科 緑風荘病院

所在地

東京都東村山市萩山町3丁目31番1

https://ryokufuusou.com/

 

社会福祉法人 緑風会『緑風荘病院』の相原です。

当院は、結核専門病院として昭和26年10月15日、武蔵野の雑木林の中に創設されました。

その後内科、外科を中心とした一般病院へと転換し、さらに整形外科、リウマチ科、皮膚科、泌尿器科等を増設し地域の総合病院として発展定着しています。

また同じ敷地内には、急速に進展する高齢化社会への対応として介護老人保健施設『グリーン・ボイス』を併設しております。

病院の方は、建て替え工事にて外観も綺麗になり、周りに自然もあり、素晴らしい環境です。

八坂駅から徒歩3分と、駅からも非常に近い場所にあり、目の前に交番もありますので治安もバッチリです。

実績としては、当院整形外科は昨年度(令和2年4月〜令和3年3月)で約130件程度の手術件数となっております。

外来も1日平均40人以上と数多く診察させて頂いております(中村先生の外来は50人を超える事もしばしば)。

中村先生と私、相原の2人体制にて整形外科は加療を行っていますが、手術の大半は外傷です。

しかし、杏林大学病院の先生方のお力もお借りして、脊椎や股関節、膝関節など慢性疾患の各専門手術など幅広い治療ができております。

手術後は当院内にリハビリ病棟もあり、急性期からリハビリまでの一連の流れや施設への転院など、様々な学びの要素があります。

また療養病棟もあり、病院の機能としては、ほぼ網羅されております。

また、中村先生に関しては何十年も緑風荘病院に従事しており相談すればどんな事でも対応して頂けますし、何より優しいです。

研修医の方々にとっても非常に学びのある病院だと思います。

杏林大学病院の理念である『真善美の探究』と緑風会の創立精神である『地域の人々と共に』を合体させて、『地域の人々と共に真善美の探究を』とでもさせて頂きます!

緑風荘病院をよろしくお願い致します!

 

武蔵野アトラスターズスポーツクリニック

dr_tajima.png
武蔵野アトラスターズクリニック2.jpg

所在地

東京都武蔵野市中町1-24-15 メディパーク中町2階

https://musashinoasc.com/

私は2021年4月から院長に就任した田島です。当院は武蔵野市を本拠地とする2つのラグビーチーム「アトラスターズ」と「アルテミ・スターズ」を支えるチームドクターが中心となり、整形外科診療とリハビリテーションはもちろん、アスリートやスポーツ愛好家を受傷からスポーツ復帰までトータルにサポートしています。整形外科と言えば骨折・外傷などに興味を抱く先生も多いと思いますが、自分は昔からスポーツをやっていて、スポーツ選手を治す事に興味がありました。杏林大学では長年の間、全日本男子バレーボールのチームドクターをされている林先生が外来を持たれており、当院にもサッカーのA代表や様々な競技のチームドクターが非常勤で在籍してくれています。また、膝・肩・手・足・脊椎・股関節など多岐に渡る専門医の診療を見る事が出来ます。簡単に言えばすべてのスポーツ疾患に対応が出来る体制と思っています。また、今話題のPRP療法も導入しています。杏林で研修をされる先生で、スポーツに興味がある方は是非一緒に勉強しましょう。体を鍛えたい先生も待っています。