杏林大学医学部付属病院 整形外科 上川  修

メッセージ

上川  修

​うえかわ おさむ

出身大学:金沢医科大学(2018年卒)

OSAMU UEKAWA
上級医の教育に対する姿勢に感激

今日は皆様に当医局について僅かながらですがご説明したいと思います。

手術症例数や実績、特色等に関してはホームページに記載されているので、敢えてここでは書く事を控えさせていただきます。

今回私が言いたいことは、当医局の手術数や実績と言った数字では表せない話です。

 

当医局には整形外科の中でも様々ジャンルのプロフェッショナルが在籍しております。我々若手医師にとってはこのプロフェッショナルとの関係性(距離感)が最も重要ではないでしょうか。

当医局は大所帯の医局ではありません。しかし、それゆえにひとりひとりの距離感が近く、若手医師が積極的に医学を吸収できる環境となっています。

私自身、大学で1年間過ごす中で、臨床に置いて疑問に思ったことを一から丁寧に説明してされる上司の姿勢に感動致しました。

この点は当医局の数字に表す事の決して出来ない強みであると思います。臨床や、研究と言った事だけでなく、自身の進路やプライベートと言ったあまり相談し難いことに関しても親身になって相談できるのは言うまでもありません。

 

新しい環境で臨床を歩み初める皆様の中には整形外科医として頑張れるのか、またその先にある自分の人生に不安に思う方も多いと思います。

その様な人こそ、当医局は向いていると思います。私自身がそうでした。

我々も皆様の考えを共に共有し、同様に悩み考えます。

そして、共に新しい人生の第一歩を踏み出しましょう。