教室紹介

業績(平成29年度)

Ⅰ.講演

 
  1. 山岸賢一郎:防げる骨折を防ぐための骨粗鬆症治療~地域医療連携による骨粗鬆症治療の普及を目指して~.なでしこフォーラム in 多摩,立川,2017年4月1日.

  2. 山岸賢一郎:防げる骨折を防ぐための骨粗鬆症治療~地域医療連携による骨粗鬆症治療の普及を目指して~.東大和市医師会講演会,東大和,2017年4月21日.

  3. 市村正一:骨粗鬆症性椎体骨折の治療-椎体形成術(BKP)を中心に-.第24回整形外科アップデートセミナー,東京,2017年4月22日.

  4. 市村正一:骨粗鬆症治療におけるテリパラチドの有用性.臨床脊椎フォーラムin TAMA,多摩,2017年5月27日.

  5. 佐藤行紀:膝の痛みとそれに対する治療について‐変形性膝関節症を中心に‐.福生ペインフォーラム,福生,2017年6月27日.

  6. 山岸賢一郎:骨粗鬆症治療の実際と骨折予防の取り組み.立川市・国立市・昭島市 三市医師会学術講演会,立川,2017年6月28日.

  7. 星亨:偽関節に骨移植なんて必要ない!-Ilizarov創外固定の匠の技-(日本整形外科学会教育研修講演).第18回埼玉整形外科研究会,大宮,2017年7月1日.

  8. 山岸賢一郎:当院における骨粗鬆症リエゾンサービスの取り組み.第7回骨粗鬆症治療研究会,武蔵野,2017年7月1日.

  9. 市村正一:骨粗鬆症領域における骨形成促進剤の有用性.山形整形外科研究会骨代謝医セミナー(第75回山形整形外科セミナー),山形,2017年7月5日.

  10. 市村正一:高齢者のロコモティブシンドローム(ロコモ).福島矢吹町と三鷹市老人会の交流会,矢吹町,2017年7月8日.

  11. 山岸賢一郎:治療率向上のための骨粗鬆症リエゾンサービスの取り組みについて~健康寿命延伸のために~.第1回立川市病診連携を考える会,立川,2017年7月26日.

  12. 佐藤行紀:膝の痛みとそれに対する治療について‐変形性膝関節症を中心に‐.東大和慢性疼痛セミナー,東大和,2017年7月28日.

  13. 星亨:上腕骨近位部骨折『Locking Plate』(日本整形外科学会教育研修講演).第66回JABO研修会,東京, 2017年8月20日.

  14. 市村正一:骨粗鬆症治療薬の特徴と適応.第26回近整会夏季研究会,堺,2017年8月26日.

  15. 星亨:骨折治療におけるサージカルトレーニングの現状と課題.第66回東日本整形災害外科学会,東京,2017年9月16日.

  16. 星亨:創外固定の実際(日本整形外科学会教育研修講演).日本骨折治療学会研修会第12回ベーシックコース,神戸,2017年9月17日.

  17. 星亨:足壊疽に対する治療戦略-あなたも下肢温存治療を始めよう!-世界最小の外科医(Maggot)達の奮闘(日本整形外科学会教育研修講演).第18回『足』を知る会,立川,2017年9月26日.

  18. 佐藤行紀:膝の痛みとそれに対する治療について‐変形性膝関節症を中心に‐. OA疼痛治療を考える会,札幌,2017年9月29日.

  19. 佐藤行紀:膝の痛みとそれに対する治療について‐変形性膝関節症を中心に‐.Joint Pain Seminar,札幌,2017年9月30日. 

  20. 佐藤行紀:膝の痛みとそれに対する治療について‐変形性膝関節症を中心に‐.道南変形性関節症セミナー,函館,2017年10月7日 .

  21. 星亨:切るだけじゃない、マゴットで下肢救済.第3回日本下肢救済・足病学会関西地方会学術集会,奈良,2017年10月14日.

  22. 山岸賢一郎:東大和病院においての骨粗鬆症リエゾンサービスの取り組みについて.第8回北多摩西部医療圏地域連携パス協議会,立川,2017年10月23日.

  23. 大畑徹也:当院の高齢者大腿骨近位部骨折の現状と展望.第1回多職種連携アプローチセミナーin杏林大学,三鷹,2017年11月4日.

  24. 黒﨑祥一:慢性疼痛に対する新たな治療戦略.Lilly Cymbalta Web Conference,郡山,2017年11月8日.

  25. 市村正一:骨粗鬆症関連疾患におけるテリパラチドの活用法.第4回PTH研究会,福岡,2017年11月22日.

  26. 市村正一:医療安全を踏まえた骨粗鬆症診療~脆弱性骨折予防の重要性~.新潟県臨床整形外科研究会,新潟,2017年11月30日.

  27. 山岸賢一郎:骨粗鬆症リエゾンサービスと椎体骨折治療~東大和病院の取り組みと今後の可能性~.BKP治療の最適化と将来を考える会,東京, 2018年1月13日.

  28. 工藤文孝: 骨折内固定の実際.第10回中伊豆ハンドセラピイ勉強会,伊豆,2018年1月13日.

  29. 市村正一:医療倫理を考えた骨粗鬆症診療.函館骨粗鬆症研究会学術講演会,函館,2018年2月16日.

  30. 小林裕明:『当院での骨粗鬆症への取り組み』.鹿行地区医科歯科連携学術講演会,神栖,2018年2月20日.

  31. 小林裕明:「こつこつ実践!骨粗鬆症予防」.鹿嶋市健康課講演,鹿嶋,2018年2月26日.

  32. 山岸賢一郎:地域中核病院における骨粗鬆症リエゾンサービスの取り組み.第31回多摩整形外科連携医療研究会,三鷹,2018年3月8日.

  33. 大畑徹也:大学病院における高齢者大腿骨近位部骨折の多診療科・多種職連携治療の必要性と試み.第31回多摩整形外科連携医療研究会,三鷹,2018年3月8日.

  34. 市村正一:骨粗鬆症-整形外科から-.第433回国際治療談話会例会,東京,2018年3月15日.

Ⅱ.口演

 
  1. 佐野秀仁,長谷川雅一,高橋雅人,長谷川淳,佐藤俊輔,市村正一:骨粗鬆症性椎体骨折後癒合不全例と椎体後壁膨隆typeに対してのBKPの成績~BKPの新たな試み~.第46回日本脊椎脊髄病学会,札幌,2017年4月13-15日.

  2. 佐野秀仁,高橋雅人,里見和彦,長谷川淳,佐藤俊輔,長谷川雅一,太田道紀,市村正一:頸椎症性筋萎縮症(CSA)の術中脊髄モニタリングによる麻痺回復予測.第46回日本脊椎脊髄病学会,札幌,2017年4月13-15日.

  3. 佐藤俊輔,高橋雅人,里見和彦,長谷川淳,竹内拓海,大祢英昭,長谷川雅一,市村正一:転移性頚椎腫瘍モデルの作成と頚髄麻痺の検証-行動学的評価と3DμX線CTによる腫瘍進展様式-.第46回日本脊椎脊髄病学会,札幌,2017年4月13-15日.

  4. 丸野秀人,大野公宏,工藤文孝:関節リウマチに対するSauve-Kapandj法の術後X線経時変化.第60回日本手外科学会学術集会,名古屋,2017年4月27日.

  5. 高山拓人,工藤文孝:舟状骨偽関節に対するZaidemberg法の検討. 第60回日本手外科学会学術集会,名古屋,2017年4月27日.

  6. Morii T,Yoshiyama A,Susa M,Morioka H,Kobayashi E,Asano N,Mori T,Anazawa U,Watanabe I,Takeuchi K,Kushima Y,Aoyagi T,Ichimura S : Preoperative evaluation of renal cell carcinoma patients with bone metastases on risks for blood loss, performance status and lethal event. The 19th International Society of Limb Salvage General Meeting, Kanazawa,May 12th,2017.

  7. 森井健司,岸野智則,嶌森直子,本橋美津江,本谷啓太, 青柳貴之,田島崇 ,大西宏明,市村正一:超音波検査による軟部肉腫悪性度判定の試み.第90回日本整形外科学会学術総会,仙台,2017年5月18-21日.

  8. 坂倉健吾,佐々木茂,小谷明弘,市村正一:腱板修復術の縫合法による術後成績の比較-Dual rowとdouble anchor footprint fixation-.第90回日本整形外科学会学術総会,仙台,2017年5月18-21日.

  9. 稲田成作,大畑徹也,丸野秀人,森脇孝博,五十嵐一峰,藤井肇,市村正一:骨粗鬆症の程度と大腿骨骨頭下骨折の関係.第90回日本整形外科学会学術総会,仙台,2017年5月18-21日.

  10. 青柳貴之,森井健司,田島崇,市村正一:悪性骨・軟部腫瘍の化学療法における発熱性好中球減少症対策としての pegfilgrastimの有効性.第90回日本整形外科学会学術総会,仙台,2017年5月18-21日.

  11. 佐藤俊輔,高橋雅人,里見和彦,長谷川淳,竹内拓海,大祢英昭,長谷川雅一,市村正一:転移性頚椎腫瘍モデルの作成と頚髄麻痺の検証-行動学的評価と3DμX線CTによる腫瘍進展様式-.第90回日本整形外科学会学術総会,仙台,2017年5月18-21日.

  12. 星亨,工藤文孝,山岸賢一郎,西野雅人:マゴットセラピーにおける下肢温存治療の実際〜整形外科医の立場から〜.第9回日本下肢救済・足病学会,福岡,2017年5月26日.

  13. 丸野秀人,岡島康友:踵骨関節内骨折に対するrafting screw 法の治療経験.第54回リハビリテーション医学会,岡山,2017年6月8-10日.

  14. 森井健司:J-DOS登録システムの検証‐杏林大学における試用‐.第40回日本骨関節感染症学会,東京,2017年6月16-17日.

  15. 星亨,工藤文孝,山岸賢一郎,西野雅人:骨髄炎および感染性偽関節の治療戦略.第40回日本骨・関節感染症学会,東京,2017年6月16-17日.

  16. 鈴木啓司,小谷明弘,丸野秀人,濱田尚一郎,市村正一:高位脛骨骨切り術後MRSA感染に対し陰圧創傷治癒システムを併用しインプラント温存可能であった1例.第40回日本骨・関節感染症学会,東京,2017年6月16-17日.

  17. 竹内拓海,斯波卓哉,佐藤俊輔,長谷川淳,佐野秀仁,高橋雅人,長谷川雅一,市村正一:白血病との鑑別に骨髄穿刺を要した腰椎術後感染の1例.第40回日本骨関節感染症学会,東京,2017年6月16-17日.

  18. 松隈卓徳,竹内拓海,安部一平,安部学,里見和彦:広範な原発性後腹膜膿瘍の2例.第40回日本骨関節感染症学会,東京,2017年6月16-17日.

  19. 辻将明,佐々木茂,宝亀登,渡邊隼人:頻回の関節穿刺により化膿性膝関節炎をきたした1例.第40回日本骨関節感染症学会,東京,2017年6月16-17日.

  20. 西野雅人,星亨,工藤文孝,山岸賢一郎:小児原発性胸骨骨髄炎の1例.第40回日本骨関節感染症学会,東京,2017年6月16-17日.

  21. 藤井肇,森脇孝博,五十嵐一峰,市村正一:超高齢者大腿骨近位部骨折手術例の術後の感染症に関与する因子の検討.第40回日本骨関節感染症学会,東京,2017年6月16-17日.

  22. 剣持雅彦,佐々木茂:PRPおよびPRFを用いた鏡視下半月板修復術(第2報).第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会,札幌,平成29年6月22-24日.

  23. 片山和洋,佐藤行紀,坂倉健吾,鈴木啓司,小谷明弘,市村正一:蝶番型TKA術後にhinge postが外れ膝関節が脱臼した1例.JOSKAS,神戸,2017年6月22-24日.

  24. 髙柳正俊,佐藤行紀,坂倉健吾,片山和洋,小谷明弘,鈴木啓司,佐々木茂:膝関節鏡視下半月板手術術後の深部静脈血栓症の検討.第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会,札幌,2017年6月22-24日.

  25. 丸野秀人,濱田尚一郎,鈴木啓司,小谷明弘:踵骨関節内骨折に対するrafting screw 法の治療経験.第43回骨折治療学会,福島,2017年7月7-8日.

  26. 大畑徹也,稲田成作,加藤聡一郎,樽井武彦,山口芳裕,市村正一:高齢者寛骨臼骨折に対して一時的腸骨動脈バルーンカテーテルを留置し手術加療を行った治療経験.第43回骨折治療学会,福島,2017年7月7-8日.

  27. 稲田成作,大畑徹也,丸野秀人,森脇孝博,五十嵐一峰,藤井肇,市村正一:大腿骨頚部骨折のうち骨頭下骨折は骨粗鬆症化の強い症例に発生する.第43回骨折治療学会,福島,2017年7月7-8日.

  28. 西野雅人,星亨, 工藤文孝,山岸賢一郎:Over telescopingを来した大腿骨頚基部・転子部骨折におけるSliding Hip Screwの功罪.第43回骨折治療学会,福島,2017年7月7-8日.

  29. 森井健司,岸野智則,嶌森直子,本橋美津江,本谷啓太,青柳貴之,田島崇,大西宏明,市村正一:超音波検査による軟部腫瘍手術出血量の術前予測の試み.第50回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会,東京,2017年7月13‐14日.

  30. 森井健司,望月眞,平野和彦,本谷啓太,青柳貴之,田島崇,市村正一,柴原純二:右大腿部軟部腫瘍.第50回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会,東京,2017年7月13‐14日.

  31. 高橋雅人,長谷川淳,佐藤俊輔,佐野秀仁,長谷川雅一,市村正一:成人脊柱変形に対するOLIF(Oblique lateral interbody fusion)を用いたshort fusionの効果.第51回日本側彎症学会学術集会,札幌,2017年8月24-25日.

  32. 林光俊:中高年者テニスと障害-全日本医師テニス大会より.第66回東日本整形災害外科学会,東京,2017年9月15-16日.

  33. 日下達夫,長谷川雅一,市村正一:PTH連日製剤と週1回製剤の服薬アドヒアランスに関する比較調査.第66回東日本整形災害外科学会,東京,2017年9月15-16日.

  34. 森脇孝博,五十嵐一峰,大祢英昭,市村正一:大腿骨近位部骨折の臨床像‐最近の動向‐.第66回東日本整形災害外科学会,東京,2017年9月15-16日.

  35. 山岸賢一郎,星亨,工藤文孝,西野雅人:骨粗鬆症リエゾンサービスを立ち上げての現状と課題.第66回東日本整形災害外科学会,東京,2017年9月15-16日.

  36. 高橋雅人,佐藤俊輔,長谷川雅一,佐野秀仁,市村正一: 高齢者脊柱変形に対するLIFを用いた腰椎限局の短椎間固定術.第66回東日本整形災害外科学会,東京,2017年9月15-16日.

  37. 宝亀登:PLIFにおけるスクリューの刺入の違いが成績に影響するか?.第66回東日本整形災害外科学会,東京,2017年9月15-16日.

  38. 小林裕明,新井謙太郎,田島祐基,山本重吉:大腿骨頸部骨折に対する骨接合の検討.第66回東日本整形災害外科学会,東京,2017年9月15-16日.

  39. 佐野秀仁,長谷川雅一,高橋雅人,長谷川淳,佐藤俊輔,市村正一:BKP後の隣接椎体骨折の画像評価と治療戦略.第66回東日本整形災害外科学会,東京,2017年9月15-16日.

  40. 大畑徹也,稲田成作,加藤聡一郎,樽井武彦,山口芳裕,市村正一:高エネルギー外傷を伴う65歳以上の高齢者骨盤輪骨折における生命予後の検討.第66回東日本整形災害外科学会,東京,2017年9月15-16日.

  41. 家田良樹,黒崎祥一,川野洋介,市村正一:高齢者の腱板広範囲断裂例に対する保存療法の成績.第66回東日本整形災害外科学会,東京,2017年9月15-16日.

  42. 渡辺弘樹,高島康夫:90歳以上の脆弱性骨折患者における骨粗鬆症治療薬の効果について.第66回東日本整形災害外科学会,東京,2017年9月15-16日.

  43. 鈴木啓司,小谷明弘,丸野秀人,濱田尚一郎,市村正一:変形性膝関節症に対するTKA,UKA,HTOの術後活動性と患者満足度.第66回東日本整形災害外科学会,東京,2017年9月15-16日.

  44. 井上功三朗,小寺正純,森脇孝博,市村正一:当院におけるPeriprosthetic femoral fractureの治療.第66回東日本整形災害外科学会,東京,2017年9月15-16日.

  45. 坂倉健吾,佐々木茂,小谷明弘,市村正一:高齢者腱板断裂に対するMini-open直視下腱板修復術と鏡視下腱板修復術の比較.第66回東日本整形災害外科学会,東京,2017年9月15-16日.

  46. 五十嵐一峰,森脇孝博,藤井肇,市村正一:脊椎圧迫骨折例の下肢症状.第66回東日本整形災害外科学会,東京,2017年9月15-16日.

  47. 稲田成作,大畑徹也,丸野秀人,松隈卓徳,安部一平,安部学,西野雅人,星亨,藤井肇,森脇孝博,市村正一:上腕骨近位部骨折の術後矯正損失を術前に予測できるか?.第66回東日本整形災害外科学会,東京,2017年9月15-16日.

  48. 大森雅夫,常起忠,鈴木浩介,中川智之,柳澤真也,萩原敬一,木村雅史,片山和洋,鈴木啓司,佐藤行紀,市村正一:人工膝関節置換術後に生じた偽痛風発作の1例.第66回東日本整形災害外科学会,東京,2017年9月15-16日.

  49. 竹内拓海,里見和彦,田島祐基,斯波卓哉,小松研朗,市村正一:骨粗鬆症性椎体骨折に対する新しい経皮的椎弓根スクリュー(PPS)刺入法.第66回東日本整形災害外科学会,東京,2017年9月15-16日.

  50. 小西一斉,佐野秀仁,山岸賢一郎,長谷川雅一,高橋雅人,大畑徹也,長谷川淳,佐藤俊輔,竹内拓海,西野雅人,田島祐基,市村正一:経皮的椎弓根スクリューを用いた外傷性胸腰椎骨折の治療経験.第66回東日本整形災害外科学会,東京,2017年9月15-16日.

  51. 稲永紗季,長谷川雅一,市村正一:高齢者に対するロコモーショントレーニング運動介入の効果.第66回東日本整形災害外科学会,東京,2017年9月15-16日.

  52. 川野洋介,黒崎祥一,家田良樹,有賀賢一,長谷川雅一,市村正一:QCTによる透析患者の大腿骨近位部骨密度評価.第66回東日本整形災害外科学会,東京,2017年9月15-16日.

  53. 相原大和,佐々木茂,相川大介:後十字靱帯脛骨付着部裂離骨折に対する関節鏡視下pull- out法の2例‐後内側portalをworking,viewing portalとして使用する‐.第66回東日本整形災害外科学会,東京,2017年9月15-16日.

  54. 安部一平,松隈卓徳,安部学,稲田成作,大畑徹也,市村正一:大腿骨転子部骨折術後に転倒し,大腿骨骨頭下骨折を起こした1例.第66回東日本整形災害外科学会,東京,2017年9月15-16日.

  55. 陣内快史,長谷川雅一,長谷川淳,佐藤俊輔,佐野秀仁,高橋雅人,市村正一:腰椎椎間板ヘルニアを合併した脊髄終糸症候群の1例.第66回東日本整形災害外科学会,東京,2017年9月15-16日.

  56. 渡邊知宏,田島崇,青柳貴之,森井健司,井上功三朗,小寺正純,市村正一:多発性骨髄腫に伴うアミロイドーシスにより大腿骨頚部病的骨折を来たした一例.関東整形災害外科学会月例会第686回整形外科集談会,東京,2017年9月23日.

  57. 市村正一:脊椎インストゥルメンテーション手術における術後感染の全国調査(J-DOS).第26回日本脊椎インストゥルメンテーション学会,金沢,2017年10月13-14日.

  58. 高橋雅人:成人脊柱変形に対するOLIF(Oblique lateral interbody fusion)を用いたShort fusionの効果.第26回日本脊椎インストゥルメンテーション学会,金沢,2017年10月13-14日.

  59. 森脇孝博,五十嵐一峰,大祢英昭:当院における大腿骨近位部骨折の臨床像.第1回調布医学会,東京,2017年10月15日.

  60. 市村正一:ビスホスホネート治療における骨代謝マーカーの活用.第19回日本骨粗鬆症学会,大阪,2017年10月19-22日.

  61. 小寺正純,井上功三朗,市村正一:インピーダンス法を用いた人工股関節痴漢術後の筋量測定の有用性.第44回日本股関節学会,東京,2017年10月20-21日.

  62. 稲永紗季,長谷川雅一,市村正一:高齢者に対するロコモーショントレーニング運動介入の効果.第19回骨粗鬆症学会,大阪,2017年10月20-22日.

  63. 川野洋介,黒崎祥一,家田良樹,有賀賢一,長谷川雅一,市村正一:QCTによる透析患者の大腿骨近位部骨密度評価.第19回日本骨粗鬆症学会,大阪,2017年10月20-22日.

  64. 剣持雅彦,佐々木茂,市村正一:Platelet-rich fibrin および Platelet-rich plasma を使用した膝半月板修復術.第32回日本整形外科学会基礎学術集会,宜野湾,2017年10月26-27日.

  65. 小西一斉,中島剛,佐野秀仁,五十嵐一峰,大森雅夫,諸井威彦,高橋雅人,鈴木伸弥,入江駿,有安諒平,大木紫,市村正一:錐体路と末梢神経の連合刺激によるヒト間接的皮質-脊髄路興奮の長期増強 –刺激頻度の違いによる検討- .第32回日本整形外科学会基礎学術集会,宜野湾,2017年10月26-27日.

  66. 佐野秀仁,長谷川雅一,高橋雅人,長谷川淳,佐藤俊輔,市村正一:BKP後の隣接椎体骨折の画像評価と治療戦略.第25回日本腰痛学会,東京,2017年11月3‐4日.

  67. 大畑徹也:骨盤輪・寛骨臼骨折に対する私の治療戦略~生きて歩いて帰るを目標に~.第16回水戸関節症研究会,水戸,2017年11月10日

  68. 森井健司,田島崇,市村正一,今給黎直明:悪性腱滑膜巨細胞腫の診断と治療.第45回日本関節病学会,東京,2017年11月16-17日.

  69. 佐藤俊輔,佐野秀仁,高橋雅人,長谷川雅一,小西一斉,市村正一:非常に稀な脊柱管内に発生した筋上皮腫の1例.第52回日本脊髄障害医学会,千葉,2017年11月16-17日.

  70. 小西一斉,佐野秀仁,佐藤俊輔,長谷川淳,高橋雅人,長谷川雅一,市村正一:石灰化を伴った巨大頚椎椎間板ヘルニアの手術症例.第52回日本脊髄障害医学会,千葉,2017年11月16-17日.

  71. 白倉裕也,佐々木茂,桑田幸子,小林幸一郎:低栄養褥瘡患者に微弱電流療法を施行し改善を示した一例.第3回JCHO地域医療総合医学会,東京,2017年11月17-18日.

  72. 阿部幹,井上功三朗,小寺正純,市村正一:乾癬性関節炎により人工股関節置換術に至った1例.第46回杏林医学会総会,三鷹,2017年11月18日.

  73. 関口健史,稲田成作,大畑徹也,市村正一:強直股関節に生じた大腿骨転子部骨折の1例.第46回杏林医学会総会,三鷹,2017年11月18日.

  74. 羽二生静,佐藤俊輔,高橋雅人,佐野秀仁,小西一斉,長谷川雅一,千葉知宏,藤原正親,柴原純二,市村正一:胸椎くも膜嚢腫術後に小脳出血・頭蓋内硬膜下血腫を来した1例.第46回杏林医学会総会,三鷹,2017年11月18日.

  75. 藤井亜美,片山和洋,佐藤行紀,坂倉健吾,市村正一:両側人工股関節置換後に両側膝蓋骨脱臼を生じた1例.第46回杏林医学会総会,三鷹,2017年11月18日.

  76. 渡邊知宏,田島崇,青柳貴之,森井健司,井上功三朗,小寺正純,高山信之,岡部直太,柴原純二,市村正一:多発性骨髄腫に伴うアミロイドーシスにより大腿骨頸部病的骨折を来たした一例.第46回杏林医学会総会,三鷹,2017年11月18日.

  77. 佐藤綾子,村田勝弘,斎藤祥子,松岡泰平,日橋映子,岡田学,時岡弘行,篠原勇介,岩野佳祐,小澤裕樹,山岸賢一郎:出来ることからコツコツと~骨粗鬆症治療の一次予防と二次予防~.大和会研究会,東大和,2017年11月20日.

  78. 阿部幹,井上功三朗,小寺正純,市村正一:乾癬性関節炎に人工股関節全置換術を施行した1例.第687回整形外科集談会東京地方会、東京, 2017年12月16日.

  79. 長谷川淳,高橋雅人,佐野秀仁,小西一斉,佐藤俊輔,長谷川雅一,里見和彦,市村正一:頚椎後縦靭帯骨化症における電気生理学的障害高位と画像所見の検討.第39回脊髄機能診断研究会,東京,2018年2月10日.

  80. 小西一斉,中島剛,佐野秀仁,五十嵐一峰,大森雅夫,諸井威彦,高橋雅人,鈴木伸弥,入江駿,有安諒平,大木紫,市村正一:錐体路と末梢神経の連合刺激によるヒト間接的皮質-脊髄路興奮の長期増強.第39回脊髄機能診断研究会,東京,2018年2月10日.

  81. Morii T,Tajima T,Ichimura S :Preoperative evaluation of renal cell carcinoma patients with bone metastases on postoperative survival.The 34th Congress of the Pan-pacific Surgical Association – Japan Chapter,USA,February 17th 2018.

  82. 関口健史,稲田成作,大畑徹也,市村正一:強直股関節に生じた大腿骨転子部骨折の1症例.関東整形災害外科学会月例会第688回整形外科集談会東京地方会,東京,2018年2月24日.

  83. 佐藤行紀,坂倉健吾,片山和洋,小谷明弘,佐々木茂,市村正一:人工膝関節置換術前のストレス撮影による関節開大量とインサート厚の関係.第48回日本人工関節学会,東京,2018年2月23-24日.

  84. 井上功三朗,小寺正純,市村正一:当院における M/L Taper Kinectiv Technology®を使用したTHAの短期成績.第48回日本人工関節学会,東京,2018年2月23-24日.

  85. 大畑徹也,稲田成作,長谷川浩,神崎恒一,市村正一:大学病院における高齢者大腿骨近位部骨折の現状と課題.第6回日本脆弱性骨折ネットワーク,浜松,2018年3月2-4日.

  86. 斎藤祥子,村田勝弘,井上朗,佐藤綾子,岡田学,時岡弘行,岩野佳祐,松岡泰平,日橋映子,山岸賢一郎:当院の大腿骨近位部骨折に対する骨粗鬆症リエゾンサービスの取り組み. 第6回日本脆弱性骨折ネットワーク,浜松,2018年3月3日.

  87. 稲田成作,大畑徹也:低身長症に対するホルモン療法中に両側同時脛骨粗面裂離骨折を生じた1例.第13回東日本骨軟部研究会,東京,2018年3月3日.

  88. 長谷川雅一,稲永紗季,川野洋介,井上功三朗,市村正一:骨粗鬆症治療におけるtreat to target(T to T) 骨代謝マーカーの視点から.第58回関東整形災害外科学会,東京,2018年3月16-17日.

  89. 羽二生静,佐藤俊輔, 高橋雅人,佐野秀仁,小西一斉,長谷川雅一,千葉知宏,柴原純二,市村正一:胸椎くも膜嚢腫術後に小脳出血・頭蓋内硬膜下血腫を来した1例.第58回関東整形災害外科学会,東京,2018年3月16-17日.

  90. 藤井亜美,片山和洋,佐藤行紀,坂倉健吾,市村正一:両側人工股関節置換後に両側膝蓋骨亜脱臼を生じた1例.第58回関東整形災害外科学会,東京,2018年3月16-17日.

Ⅲ.論文

 
  1. Yoshiyama A,Morii T,Susa M1,2,Morioka H1,Kobayashi E3,Asano N3,Mori T, Anazawa U4,Watanabe I4,Takeuchi K5,Kushima Y5,Aoyagi T,Ichimura S (1Keio University,2National Defense Medical College,3 National Cancer Center Hospital,4 Tokyo Dental College Ichikawa General Hospital,5 Tochigi Cancer Center):Preoperative evaluation of renal cell carcinoma patients with bone metastases on risks for blood loss, performance status and lethal event.J Orthop Sci.22(5):924-930,2017.DOI: 10.1016/j.jos.2017.07.006.

  2. Araki N1, Chuman H2, Matsunobu T3, Tanaka K4, Katagiri H5, Kunisada T6, Hiruma T7, Hiraga H8, Morioka H9, Hatano H10, Asanuma K11, Nishida Y12, Hiraoka K13, Okamoto T14, Abe S15, Watanuki M16, Morii T, Sugiura H17,12, Yoshida Y18, Ohno T19, Outani H20, Yokoyama K21, Shimose S22, Fukuda H2, Iwamoto Y3( 1Osaka Medical Center for Cancer and CVD, 2 National Cancer Center, 3 Kyushu Rosai Hospital, 4 Oita University,5 Shizuoka Cancer Center, 6 Okayama University, 7 Kanagawa Cancer Center, 8 Hokkaido Cancer Center,9 Keio University School of Medicine, 10 Niigata Cancer Center Hospital,11 Mie University, 12 Nagoya University, 13 Kurume University, 14Kyoto University, 15 Teikyo University,16 Tohoku University, 17 Aichi Cancer Center, 18 Nihon University, 19 Gifu University, 20Osaka University, 21 Kyushu Cancer Center, 22 Hiroshima University): Factors associated with the decision of operative procedure for proximal femoral bone metastasis: Questionnaire survey to institutions participating the Bone and Soft Tissue Tumor Study Group of the Japan Clinical Oncology Group. J Orthop Sci. 22(5):938-945.2017. DOI: 10.1016/j.jos.2017.05.012.

  3. 森井健司:各臓器がんに対する周術期治療;エビデンス・展望 (12)骨・軟部腫瘍.腫瘍内科 20(6): 624-629,2017.

  4. Morii T, Kishino T1, Shimamori N1, Motohashi M1, Ohnishi H1, Honya K2, Aoyagi T, Tajima T,Ichimura S.(1 Department of Laboratory Medicine, 2 Department of Medical Radiological Technology, Faculty of Health Sciences): Preoperative evaluation of intraoperative blood loss during malignant soft tissue tumor resection by ultrasonography. J Orthop Sci.23(2):403-407, 2018. DOI: 10.1016/j.jos.2017.12.011.

  5. 長谷川雅一,市村正一:脊椎脊髄疾患 骨粗鬆症および骨粗鬆症性椎体骨折の診断.MB Orthop 30(10):65-72,2017.

  6. Kemmochi M, Sasaki S, Ichimura S: Association between reduced trunk flexibility in children and lumbar stress fractures. J Orthop:122-127, 2018.

  7. Kemmochi M, Sasaki S, Takahashi M, Nishimura T, Aizawa C, Kikuchi J: The use of platelet-rich fibrin with platelet-rich plasma support meniscal repair surgery. J Orthop:711-720. 2018.

  8. 伊藤全哉1, 松山幸弘2, 安藤宗治3, 川端茂徳4, 寒竹司5, 田所伸朗6, 小林祥2, 藤原靖7, 山田圭8, 山本直也9, 高橋雅人, 和田簡一郎10, 谷俊一6 (1名古屋大, 2浜松医大, 3和歌山労災, 4東京医科歯科大, 5山口大, 6高知大, 7安佐市民病院, 8久留米大, 9東京女子医大八千代医療センター, 10弘前大):胸椎後縦靱帯骨化症(胸椎OPLL)手術におけるBr(E)-MsEPのアラームポイント 全国多施設研究.脊髄機能診断37:84-89,2017.

  9. 山田圭1,松山幸弘2,川端茂徳3,安藤宗治4,山本直也5,小林祥2,寒竹司6,今釜史郎7,小林和克7,和田簡一郎8,田所伸朗9,高橋雅人,藤原靖10,木田和伸11,溝田敦子1,角谷智12,谷俊一11,長濱賢13,岩崎博14,村本明生7,関庄二15,平尾雄二郎16,清水敬親17,大田亮18,齋藤貴徳19,里見和彦20,四宮謙一21 (1久留米大, 2浜松医大, 3東京医科歯科大, 4和歌山労災, 5山口大, 6高知大, 7名古屋大, 8弘前大, 9高知大, 10安佐市民病院, 11くぼかわ病院, 12北海道大, 13和歌山県立医大, 14富山大, 15東京大, 16榛名荘群馬脊椎脊髄病センター, 17広島大, 18関西医大滝井病院, 19久我山病院, 20横浜市立みなと赤十字病院) :脊柱変形手術による神経障害機序の検討 日本脊椎脊髄病学会脊髄モニタリングワーキンググループ多施設前向き研究.J. Spine Res.8: 1493-1501,2017.

  10. 丸野秀人,濱田尚一郎,鈴木啓司,小谷明弘:踵骨関節内骨折に対するrafting screw 法の治療経験.骨折40(1):238-242,2018.

  11. 丸野秀人,大野公宏,工藤文孝. 関節リウマチに対するSauvé-Kapandji法の術後X線変化.手外科34(6) :1080-1083,2018.

  12. 佐野秀仁,市村正一,長谷川雅一,高橋雅人,長谷川淳,佐藤俊輔:長期椎体骨折例と椎体後壁膨隆タイプに対するBKPの適応.J. Spine Res 8:1172-1178,2017.

  13. 佐野秀仁,長谷川雅一,市村正一,高橋雅人,五十嵐一峰,長谷川淳,佐藤俊輔,里見和彦:骨粗鬆症性椎体骨折に対するBKPと後方固定術の手術成績-過度のアライメント矯正は術後新規椎体骨折を合併する-.J-Spine Res 8:1568-1573,2017.

  14. 大畑徹也,稲田成作,加藤聡一郎,樽井武彦,山口芳裕,市村正一:骨折を伴った外傷性コンパートメント症候群の治療成績.骨折39(2):451-454,2017.

  15. Qiao Z1, Tajima T, Kito F1, Arai Y1, Kawai A4, Kondo T1 (1National Cancer Center Research Institute, 2National Cancer Center Hospital): Metastasis-associated gene signature in primary myxoid liposarcoma identifiedthrough a gene expression study. J Electrophoresis 61: 9, 2017.

  16. 大野公宏,星亨,工藤文孝,山岸賢一郎:転位型大腿骨頸部骨折に対する骨接合術の治療成績.骨折39(2): 334-337,2017.

  17. 道廣岳,大畑徹也,稲田成作,市村正一,加藤聡一郎,山口芳裕:当院におけるsupra-patellar approachを用いた脛骨骨幹部骨折の治療成績.骨折39(4): 885-888,2017.

  18. 加藤聡一郎,大畑徹也,山口芳裕,星亨,稲田成作,市村正一:AO/OTA分類 type Cの大腿骨骨幹部骨折に対する治療成績と問題点.骨折39(2):379-381,2017.

  19. 西野雅人,星亨,工藤文孝,山岸賢一郎:小児原発性胸骨骨髄炎の1例.日骨関節感染会誌,31:68-71,2017.

  20. 市村正一,山本謙吾1(1東京医大):「人工関節および脊椎手術におけるインプラント周囲感染の全国調査」序文.日整会誌92(1):3-4,2018.

  21. Morii T,Kishino T1,Shimamori N1,Motohashi M1,Ohnishi H1,Honya K2,Aoyagi T,Tajima T,Ichimura S (1 Department of Laboratory Medicine,2 Department of Medical Radiological Technology,Faculty of Health Sciences): Differential diagnosis between benign and malignant soft tissue tumors utilizing ultrasound parameters.J Med Ultrason (2001) 45(1):113-119. 2018. DOI: 10.1007/s10396-017-0796-3. Epub 2017 Jun 20.

  22. Morii T, Kishino T1, Shimamori N1, Motohashi M1, Ohnishi H1, Honya K2, Aoyagi T, Tajima T,Ichimura S.(1 Department of Laboratory Medicine, 2 Department of Medical Radiological Technology, Faculty of Health Sciences): Preoperative Ultrasonographic Evaluation for Malignancy of Soft-Tissue Sarcoma: A Retrospective Study. Open Orthop J. 12:75-83. 2018. DOI: 10.2174/1874325001812010075. eCollection 2018.

  23. 佐野秀仁,佐藤俊輔,高橋雅人,長谷川雅一,長谷川淳,市村正一:胸腰椎黄色靭帯骨化切除後に胸椎椎間板ヘルニアを発生した手術症例.J-Spine Res 9:29-33,2018.

  24. 鈴木啓司,小谷明弘,丸野秀人,市村正一:高位脛骨骨切り術後MRSA感染に対し陰圧創傷治癒システムを併用しインプラント温存可能であった1例.日骨関節感染会誌31:58-63,2018.

  25. 坂倉健吾,佐々木茂,小谷明弘,市村正一:高齢者腱板断裂に対するMini-open直視下腱板修復術と鏡視下腱板修復術の比較.東日整災会誌30(1) :62-65,2018.

  26. 稲田成作,大畑徹也,丸野秀人,市村正一:非転位型大腿骨頸部骨折における骨頭下骨折と骨粗鬆症との関連性.骨折40(1):131-134, 2018.

  27. 竹内拓海,里見和彦,佐藤俊輔,長谷川淳,佐野秀仁,高橋雅人,長谷川雅一,市村正一:白血病の合併が疑われた腰椎手術後感染の1例.日骨関節感染会誌31:85-90,2018.

  28. 片山和洋,佐藤行紀,坂倉健吾,鈴木啓司,小谷明弘,市村正一:蝶番型TKA術後にhinge postが外れ膝関節が脱臼した1例.JOSKAS 43:450-451,2018.

  29. 加藤聡一郎,星亨,工藤文孝, 山岸賢一郎:高齢者の脛骨近位部脆弱性骨折に対する創外固定の有用性.日本創外固定骨延長会誌29:1–7,2018.

  30. 相原大和,佐々木茂,相川大介:後十字靱帯脛骨付着部裂離骨折に対する関節鏡視下pull- out法の2例-後内側portalをworking,viewing portalとして使用する-.東日整災外会誌  30:77-81,2018.

  31. 川野洋介,黒崎祥一,家田良樹,有賀賢一,長谷川雅一,市村正一:QCTによる透析患者の大腿骨近位部骨密度評価.東日整災外会誌30:89-92,2018.

  32. 渡邊隼人,宝亀登,辻将明:経皮的椎弓根スクリューの逸脱がPLIFの手術成績に及ぼす影響について.山梨医 45:61-63,2018.

  33. 藤井肇,森脇孝博,五十嵐一峰,市村正一:超高齢者大腿骨近位部骨折手術例の術後の感染症に関与する因子の検討.日骨関節感染会誌,31:7-10,2018.

Ⅳ.著書

 
  1. 市村正一(分担執筆):腰部脊柱管狭窄症.日常診療に活かす診療ガイドラインUP-TO-DATE 2018→2019.門脇孝他監修.大阪,メディカルレビュー社,2018.P.560-563.

  2. 長谷川雅一(分担執筆):第28回腰痛シンポジウム講演記録集【保存療法による腰痛へのアプローチ】薬物療法の選択と開始のタイミング2018. http://lbp.cat.eisai.jp/lbp/members/secure/record/028/pdf/028_4.pdf.

Ⅴ.その他

 
学会主催
  1. 市村正一:第40回日本骨・関節感染症学会主催,東京,2017年6月16-17日.

  2. 市村正一:第66回東日本整形災害外科学会主催,東京,2017年9月15-16日.

 
受賞
  1. 川野洋介:第66回東日本整形災害外科学会若手優秀講演賞受賞,東京,2017年9月15-16日.

  2. 佐野秀仁:第25回日本腰痛学会 優秀論文賞受賞,東京,2017年11月3日.