教室紹介

業績(令和元年度)

Ⅰ.講演

 
A. 講演
  1. 市村正一:What teriparatide plays a role for surgeons in osteoporotic fracture? Fix & Treat Symposium, Taiwan,April 12, 2019.

  2. 市村正一:The clinical use of teriparatide in patients with osteoporotic spine fractures.Lecture in 2019 Spring Congress of Taiwan Orthopedic Association-Lunch Symposium, Taiwan, April 13,2019.

  3. 大畑徹也:骨粗鬆症の基本的な診断と治療について-多発外傷-.骨粗鬆症医療連携の会,東京,2019年4月23日.

  4. 市村正一:椎体骨折に対する治療戦略-薬物療法から手術療法まで-.昭島医師会学術講演会, 昭島,2019年4月24日.

  5. 森井健司:骨腫瘍の診断と治療.第92回日本整形外科学会学術総会第51回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍特別研修会,横浜,2019年5月9-12日.

  6. 星亨:骨髄炎・感染性偽関節の治療戦略.第92回日本整形外科学会学術総会,横浜,2019年5月9-12日.

  7. 市村正一:骨粗鬆症薬物療法におけるテリパラチドの位置づけ.FORTEO National Web Conference,2019年5月17日.

  8. 山岸賢一郎:骨のお話.第3回東大和病院健康フェア,東大和,2019年5月19日.

  9. 山岸賢一郎:病院におけるOLS導入のメリット:第3回Tama OLS Seminar,立川, 2019年5月25日.

  10. 稲永紗季:高齢者に対するロコモーショントレーニング運動介入の効果.第9回骨粗鬆症治療研究会,東京,2019年5月25日.

  11. 市村正一:骨粗鬆症薬物療法におけるロモソズマブへの期待.KY0学術講演会,甲府,2019年5月30日.

  12. 市村正一:骨粗鬆症診療における医療安全.運動器疾患/骨・関節フォーラム米子会場,米子,2019年6月8日.

  13. 竹内拓海: Double endplates penetrating screw (DEPS)法における手技上の工夫.第10回大江戸スパインセミナー,東京,2019年6月8日.

  14. 細金直文:高齢者の腰痛,坐骨神経痛,腰曲がり.杏林大学公開講座,三鷹,2019年6月22日.

  15. 林光俊:オリンピックにおける理学療法士の役割-スポーツ医学とリハビリテーション-.第38回東京都理学療法学術大会,三鷹,2019年6月23日.

  16. 市村正一:骨粗鬆症薬物療法におけるロモソズマブへの期待.Shiga Osteoporosis Conference,大津,2019年6月29日.

  17. 林光俊:スポーツ選手のアキレス腱断裂の保存療法とリハビリテーション.東京都臨床整形外科医会多摩ブロック研修会 四市の会,武蔵野,2019年7月4日.

  18. 山岸賢一郎:骨粗鬆症の診断と治療Update ~放っておくと怖い骨粗鬆症 最新のクスリや低侵襲手術のお話~.第249回大和会市民講座,東大和,2019年7月6日.

  19. 森井健司:悪性骨腫瘍手術における感染対策-第2回国際コンセンサスの成果と課題-.第52回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会,川越,2019年7月11-12日.

  20. 森井健司:骨軟部腫瘍診療における感染対策.第42回日本骨関節感染症学会第309回ICD講習会,横浜,2019年7月19-20日.

  21. 細金直文:腰椎変性疾患の治療 薬物治療から手術療法まで.KYO会,甲府,2019年7月25日.

  22. 市村正一:骨粗鬆症診療におけるup to date~医療安全の観点から~.第120回山口県臨床整形外科医会教育研修会,山口,2019年7月27日.

  23. Hosogane N: Determining the appropriate alignment of spino-pelvic and global parameters for individual patients - Focused on the ethnic difference -. Sagittal Balance Seminar. Tokyo, August 17th-18th, 2019.

  24. 細金直文:整形外科領域における神経障害性疼痛 脊椎変性疾患.第一三共株式会社社内講習会,東京,2019年8月21日.

  25. 星亨:大腿骨骨幹部骨折のプレート固定法(ステム周囲骨折を含む).第76回JABO研修会,東京,2019年8月24日.

  26. 市村正一:骨粗鬆症診療におけるテリパラチドの最適な活用法.東毛地区テリパラチドスキルアップセミナー,館林,2019年8月29日.

  27. 市村正一:骨粗鬆症治療における新規骨形成促進薬の役割.横須賀市整形外科医会,横須賀.2019年9月6日.

  28. 大野公宏:実臨床における骨粗鬆症治療戦略.旭化成ファーマ社内勉強会,甲府,2019年9月9日.

  29. 里見和彦:腰椎前方固定術と脊柱管間接除圧-脊椎外科の歩み-.第27回日本腰痛学会,神戸,2019年9月13-14日.

  30. 市村正一:ロコモティブシンドローム(ロコモ)予防講座. 令和元年度東老連健康教室事業, 東京,2019年9月17日.

  31. 星亨:Gips固定法 基礎の基礎. 日本骨折治療学会研修会ワークショップ,神戸,2019年9月22日.

  32. 星亨:創外固定法の実際, 日本骨折治療学会研修会第14回ベーシックコース,神戸,2019年9月22-23日.

  33. 市村正一:令和元年度第2回ロコモ予防チャレンジ!講座.令和元年度三鷹市老連・社協健康教室事業.三鷹,2019年9月28日.

  34. 市村正一:骨粗鬆症診療におけるテリパラチドの最適な活用法.Bone Seminar in Oita,大分,2019年10月3日.

  35. 細金直文:成人脊柱変形の診断と治療.第27回鶴舞脊椎脊髄カンファレンス,名古屋, 2019年10月3日.

  36. Hosogane N, Nojiri K, Imabayashi H, Kono H, Takahashi M, Sano H, Hasegawa M, Ichimura S: Vertebral replacement with minimally invasive lateral approach for osteoporotic vertebral fracture. 1st SOLAS Asia Pacific & Japan Combined Meeting, Tokyo, October 5th 2019.

  37. 竹内拓海:仙骨腸骨固定について.Medtronic sofamor danek SPINAL cadaver SEMINAR,LA,2019年10月11日.

  38. 小林裕明:当院での神経障害性疼痛に対する治療.鹿行地区地域薬剤師勉強会,鹿嶋,2019年10月17日.

  39. 市村正一:知っておきたい高齢者の運動器疾患.三鷹市老人会,三鷹,2019年10月23日.

  40. Hosogane N, Yagi M, Kono H, Fujita N, Ichimura S, Nakamura M, Matsumoto M, Watanabe K: Surgical result of adult spinal deformity patients treated with lateral interbody fusion combined with posterior fusion. Comparison with conventional method. 2019 Sino-Japan Summit on Minimal Invasive Spinal Stabilization. China, October 25th-26th, 2019.

  41. 星亨:DM足病変に対するマゴット治療の現状-世界最小の外科医(Maggot)達の奮闘記.北多摩西部地域医療連携協議会,東大和,2019年10月28日.

  42. 山岸賢一郎:女性に対する骨粗鬆症治療Up to date.第10回多摩ウィメンズヘルス研究会,立川,2019年10月31日.

  43. 山岸賢一郎:Real worldにおける骨粗鬆症治療.Osteoporosis symposium ~骨粗鬆症の新しい治療を考える~,八王子,2019年11月7日.

  44. 細金直文:骨粗鬆症椎体骨折に対する治療戦略-神経障害を伴うOVFから脊柱変形まで-. 第53回日本側弯症学会,高崎,2019年11月8-9日.

  45. 林光俊:The Origin of Zamst -Born from Sports Medical Field,and raised by many sports players-.日本シグマックス社国際講演会,東京,2019年11月11日.

  46. 星亨:透析患者の足を守るための基礎講座 足壊疽に対する下肢温存治療-世界最小の外科医(Maggot)達の奮闘記-.高槻透析セミナー,高槻,2019年11月15日.

  47. 山岸賢一郎:リエゾンサービスのベストプラクティスを学ぶ.リエゾンサービスプリセプターシップ,東京,2019年11月16日.

  48. 星亨:下肢温存治療の最前線-骨髄炎・感染性偽関節の治療戦略と糖尿病性足壊疽に対するマゴットセラピーの実際-.第13回大宮医師会医学講座,大宮,2019年11月20日.

  49. 鈴木啓司:TresLockを使用した非転位型大腿骨頚部骨折の治療成績,KiSCO社内招聘勉強会,東京,2019年11月20日.

  50. 市村正一:骨粗鬆症薬物療法の最前線.第5回千葉骨粗鬆症研究会,千葉,2019年11月28日.

  51. 小林裕明:骨粗鬆症治療の薬剤選択基準-多剤との使い分け-.持田製薬株式会社勉強会,鹿嶋,2019年11月28日.

  52. 市村正一:骨粗鬆症における新規骨形成促進薬の期待.第17回骨粗鬆症フォーラム,福井,2019年12月5日.

  53. Hosogane N: Surgical correction of adult spinal deformity with osteotomies. SRS Current Concept Course Lunchtime Workshop. Tokyo, December 14th, 2019.

  54. 山岸賢一郎:骨粗鬆症と脊椎椎体骨折治療Up to date.大和会出前講座,東大和,2019年12月19日.

  55. 稲永紗季:高齢者に対するロコモーショントレーニング運動介入の効果.旭化成社内研究会,東京,2019年12月19日.

  56. 大畑徹也:骨粗鬆症の基本とリエゾンチームの必要性.第一三共株式会社社内研修会,東京, 2020年1月15日.

  57. 市村正一:骨粗鬆症性椎体骨折診療マニュアル作成の取り組み.骨粗鬆症性椎体骨折を考える会,盛岡, 2020年1月18日.

  58. Hosogane N: Rod Fracture after Adult Spinal Deformity Surgery. 12th Annual Meeting of the Korean Spinal Deformity Society. Korea, January 18th, 2020.

  59. 工藤文孝:末梢神経損傷(外傷).第11回中伊豆ハンドセラピイ勉強会,静岡,2020年1月18日.

  60. Hosogane N: ADL impairment after adult spinal deformity surgery. 12th Annual Meeting of the Korean Spinal Deformity Society. Korea, January 18th, 2020.

  61. 竹内拓海:脊椎疾患の診断と治療‐骨粗鬆症性椎体骨折,手術加療を中心に‐.旭化成社内研修会,東京,2020年1月22日.

  62. 鈴木啓司:大腿骨頚部骨折のFailure症例,第1回KiSCO Hip Trauma Conference,東京,2020年1月23日.

  63. 小林裕明:知って安心 骨粗鬆症予防のコツ.鹿嶋市民健康講座,鹿嶋,2020年1月27日.

  64. 市村正一:骨粗鬆症診療におけるテリパラチドの位置づけ. FORTEO National Web Conference, 東京, 2020年1月29日.

  65. 大畑徹也:骨粗鬆症の基本とリエゾンチームの必要性.旭化成ファーマ株式会社社内研修会,東京, 2020年1月29日.

  66. 細金直文:腰椎変性疾患の治療.塩野義製薬株式会社 社内研修会,東京,2020年2月5日.

  67. 星亨:感染対策を踏まえた骨髄炎・DM足病変に対する治療.第35回白河地区整形外科医会,白河,2020年2月7日.

  68. 斯波卓哉:10年間DSCSを使ってわかったこと-TresLockへの期待を込めて-.KiSCO社内研修会,東京,2020年2月7日.

  69. 市村正一:脆弱性骨折予防における骨粗鬆症薬物治療.骨粗鬆症治療を考える会in Shizuoka,静岡,2020年2月13日.

  70. 竹内拓海:ヘルニコアの治療経験‐ロールプレイング‐.科研製薬社内研修会,東京,2020年2月17日.

  71. 山岸賢一郎:FLSクリニカルスタンダードに基づいた東大和病院骨粗鬆症リエゾンサービスの取り組み.第1回東京多摩地区骨粗鬆症リエゾンの会,立川,2020年2月20日.

  72. 大野公宏:橈骨遠位端骨折と骨粗鬆症.旭化成ファーマ社内勉強会,甲府,2020年2月21日.

  73. 星亨:外傷整形外科医が辿り着いた下肢温存治療.第13回香芝市医師会講演会,香芝,2020年2月22日.

  74. 山岸賢一郎:骨粗鬆症治療におけるゾレドロン酸年一回点滴投与の有効性.旭化成Web講演,東京,2020年2月26日.

 
B. 国際学会
  1. Nagoshi N, Kono H, Tsuji O, Aoyama R, Fujiyoshi K, Shiono Y, Ishikawa M, Daimon K, Hosogane N, Watanabe K, Nakamura M, Matsumoto M, Ishii K, Yamane J: Impact of tobacco smoking on outcomes after posterior decompression surgery in patients with cervical spondylotic myelopathy. Asia Pacific Spine Society & Asia Pacific Paediatric Orthopaedic Society, Korea, April 4th-6th, 2019.

  2. Nagoshi N, Kono H, Tsuji O, Aoyama R, Fujiyoshi K, Shiono Y, Ishikawa M, Daimon K, Hosogane N, Watanabe K, Nakamura M, Matsumoto M, Ishii K, Yamane J: Impact of tobacco smoking on outcomes after posterior decompression surgery in patients with cervical spondylotic myelopathy. Global Spine Congress, Canada, May 15th-18th, 2019.

  3. Hosogane N, Kono H, Yagi M, Fujita N, Sano H, Takahashi M, Hasegawa M, Ichimura S, Nakamura M, Matsumoto M, Watanabe K: Impact of correction surgery on activities of daily living related to Oriental life-style in adult spinal deformity patients. Survey with original ADL questionnaire. The International Society for the Study of the Lumbar Spine (ISSLS), Kyoto, June 3rd-7th, 2019.

  4. Takeuchi T, Satomi K, Yamagish K, Hosogane N, Ichimura S: Results of a novel percutaneous pedicle screw insertion technique for patients with diffuse idiopathic skeletal hyperostosis -double endplates penetrating screw (DEPS) technique –. The International Society for the Study of the Lumbar Spine (ISSLS), Kyoto, June 3rd-7th, 2019.

  5. Hosogane N, Yagi M, Kono H, Fujita N, Ichimura S, Nakamura M, Matsumoto M, Watanabe K: Surgical result of adult spinal deformity patients treated with lateral interbody fusion combined with posterior fusion. Comparison with propensity-score matched patients treated with posterior-only approach. The 26th International Meeting on Advanced Spine Techniques (IMAST), Netherlands, July 17th -20th, 2019.

  6. Yagi M, Ames C, Hosogane N, Smith J, Shaffrey C, Schwab F, Lafage V, Matsumoto M, Bess S, Watanabe K, International Spine Study Group:Lower Satisfaction after Adult Spinal Deformity Surgery in Japan Compared with the US Despite Similar SRS22 Pain and Function Scores: A Propensity Score Matched Analysis. 54th Scoliosis Research Society (SRS), Canada, September 18th-21st, 2019.

  7. Yagi M, Michikawa T, Hosogane N, Fujita N, Okada E, Suzuki S, Tsuji O, Nagoshi N, Asazuma T, Nakamura M, Matsumoto M, Watanabe K: Surgical Risk Stratification Based on Preoperative Risk Factors in Adult Spinal Deformity. 54th Scoliosis Research Society (SRS), Canada, September 18th-21st, 2019.

  8. Yagi M, Michikawa T, Hosogane N, Fujita N, Suzuki S, Okada E, Tsuji O, Nagoshi N, Asazuma T, Kaneko S, Nakamura M, Matsumoto M, Watanabe K: The 5-item Modified Frailty Index is Predictive of Severe Adverse Event in Patients Undergoing Surgery for Adult Spinal Deformity. 54th Scoliosis Research Society (SRS), Canada, September 18th-21st, 2019.

 
C. 国内学会
  1. 八木満,細金直文,道川武紘,藤田順之,岡田英次朗,鈴木悟士,名越慈人,辻収彦,金子慎二郎,谷戸祥之,朝妻孝仁,中村雅也,松本守雄,渡辺航太:成人脊柱変形手術における神経学的合併症のリスク因子,臨床成績に与える影響と推移.第48回日本脊椎脊髄病学会学術集会,横浜,2019年4月18-20日.

  2. 細金直文,八木満,河野仁,Ames C,Lafage V,藤田順之,高橋雅人,長谷川雅一,佐野秀仁,市村正一,中村雅也,松本守雄,渡辺航太:3 column osteotomyを施行した日米成人脊柱変形の比較.第48回日本脊椎脊髄病学会学術集会,横浜,2019年4月18-20日.

  3. 細金直文,八木満,河野仁,藤田順之,今林英明,高橋雅人,長谷川雅一,佐野秀仁,千葉一裕,市村正一,中村雅也,松本守雄,渡辺航太:成人脊柱変形における術後SRS-22の臨床的有意な最小変化量 (MCID)達成に関与する因子の検討.第48回日本脊椎脊髄病学会学術集会,横浜,2019年4月18-20日.

  4. 佐野秀仁,高橋雅人,里見和彦,長谷川雅一,佐藤俊輔,細金直文,市村正一:頸椎症性筋萎縮症(CSA)の術中脊髄モニタリングによる麻痺回復予測.第48回日本脊椎脊髄病学会学術集会,横浜,2019年4月18-20日.

  5. 小西一斉,佐野秀仁,細金直文,長谷川雅一,高橋雅人,大畑徹也,稲田成作,佐藤俊輔,諸井威彦,市村正一:当院における中下位頸椎脱臼骨折手術例の検討.第48回日本脊椎脊髄病学会学術集会,横浜,2019年4月18-20日.

  6. 八木満,細金直文,藤田順之,岡田英次朗,鈴木悟士,辻収彦,名越慈人,中村雅也,松本守雄,渡邉航太:成人脊柱変形に対する矯正固定術の術後合併症は予測可能か? .第48回日本脊椎脊髄病学会学術集会,横浜,2019年4月18-20日.

  7. 佐野秀仁,長谷川雅一,佐藤俊輔,高橋雅人,細金直文,市村正一:下肢痛を伴う骨粗鬆症性椎体骨折に対するBKPの治療成績.第48回日本脊椎脊髄病学会学術集会,横浜,2019年4月18-20日.

  8. 竹内拓海,里見和彦,山岸賢一郎,市村正一:びまん性特発性骨増殖症を伴う骨粗鬆症性椎体骨折などに対する新しい経皮的椎弓根スクリュー刺入法-DEPS法-と短期成績.第48回日本脊椎脊髄病学会学術集会,横浜,2019年4月18-20日.

  9. 船尾陽生,山根淳一,磯貝宜広,石原慎一,辻収彦,岡田英次朗,藤田順之,八木満,渡辺航太,細金直文,二宮研,中村雅也,松本守雄,石井賢,名越慈人:頸椎後縦靱帯骨化症に対する後方除圧術のASA-PS分類による治療成績比較.第48回日本脊椎脊髄病学会学術集会,横浜,2019年4月18-20日.

  10. 諸井威彦,佐野秀仁,細金直文,入江駿,小西一斉,五十嵐一峰,大木紫,市村正一:タブレットPCを用いた新たな上肢巧緻機能評価法の開発(第一報)健常者間の左右差の評価.第48回日本脊椎脊髄病学会学術集会,横浜,2019年4月18-20日.

  11. 森井健司,田島崇,宇高徹,市村正一:軟部肉腫診療における標準治療完遂を指標とした高齢者の定義付け.第92回日本整形外科学会学術総会,横浜,2019年5月9-12日.

  12. 森井健司,市村正一:悪性骨腫瘍手術における感染対策-第2回国際コンセンサスの成果と課題-.第92回日本整形外科学会学術総会,横浜,2019年5月9-12日.

  13. Morii T, Tajima T, Udaka T, Ichiura S: Comorbidities in cases with soft tissue sarcoma -impact on the completion of standard therapy and oncological outcome-.第92回日本整形外科学会学術総会,横浜,2019年5月9-12日.

  14. 森井健司,浅野尚文,中山ロバート,菊田一貴,須佐美知郎,渡部逸央,穴澤卯圭,鈴木禎寿,森岡秀夫,市村正一:骨巨細胞腫の手術関連合併症の解析.第92回日本整形外科学会学術総会,横浜,2019年5月9-12日.

  15. 佐々木茂, 坂倉健吾:鏡視下腱板修復術後再断裂なしへ-当院のARCR 治療成績と fibrin clots併用上方関節包再建術の経験-.第92回日本整形外科学会学術総会,横浜,2019年5月9-12日.

  16. 田島崇,森井健司,宇高徹,岡部直太,柴原純二,市村正一:骨・軟部腫瘍初期診療における可溶性IL-2レセプター値の臨床的意義.第92回日本整形外科学会学術総会,横浜,2019年5月9-12日.

  17. 小西一斉,佐野秀仁,細金直文,長谷川雅一,高橋雅人,佐藤俊輔,諸井威彦,市村正一:当院における脊髄腫瘍手術例の検討.第92回日本整形外科学会学術総会,横浜,2019年5月9-12日.

  18. 大野公宏,高橋雅人,里見和彦,長谷川淳,竹内拓海,大祢英昭,佐藤俊輔,細金直文,市村正一:末梢神経損傷後幼若ラットにおける皮質脊髄路経路変更の可能性-電気生理学的検討.第92回日本整形外科学会学術総会,横浜,2019年5月9-12日.

  19. 大伴直央,黄郁代,武田和樹,小倉洋二,高橋洋平,南昌平,宇野耕吉,川上紀明,伊東学,米澤郁穂,渡辺慶,海渡貴司,柳田晴久,種市洋,播广谷勝三,谷口優樹,重松英樹,飯田尚裕,出村諭,菅原亮,藤田順之,八木満,岡田英次朗,細金直文,河野克己,千葉一裕,小谷俊明,佐久間毅,赤澤努,鈴木哲平,西田康太郎,角谷賢一朗,辻太一,須藤英毅,岩田玲,佐藤達哉,稲見聡,寺尾知可史,中村雅也,松本守雄,渡邉航太,池川志郎:運動器疾患ゲノム研究の未来 思春期特発性側彎症の遺伝子研究.第92回日本整形外科学会学術総会,横浜,2019年5月9-12日.

  20. 佐野秀仁,高橋雅人,里見和彦,長谷川雅一,佐藤俊輔,太田道紀,細金直文,市村正一:頸椎症性筋萎縮症(CSA)の術中脊髄モニタリングによる麻痺回復予測.第92回日本整形外科学会学術総会,横浜,2019年5月9-12日.

  21. 細金直文,八木満,河野仁,今林英明,千葉一裕,長谷川雅一,高橋雅人,市村正一,中村雅也,松本守雄,渡邉航太: 成人脊柱変形における術後ODIの臨床的有意な最小変化量(MCID)達成に関与する因子の検討.第92回日本整形外科学会学術総会,横浜,2019年5月9-12日.

  22. 八木満,道川武紘,細金直文,藤田順之,岡田英次朗,鈴木悟士,辻収彦,名越慈人,中村 雅也,松本守雄,渡邉航太:フレイル(虚弱)の治療状態は成人脊柱変形の術後合併症の発生に影響を及ぼさない.第92回日本整形外科学会学術総会,横浜,2019年5月9-12日.

  23. 高橋雅人,細金直文,佐藤俊輔,諸井威彦,佐野秀仁,長谷川雅一,市村正一:頸椎症性筋萎縮症における頸椎アライメントによる予後因子.第92回日本整形外科学会学術総会,横浜,2019年5月9-12日.

  24. 坂倉健吾,佐々木茂,佐藤行紀,鈴木啓司,小谷明弘,冨田哲也,山崎隆治,菅本一臣,市村正一: PS mobile人工関節の生体内動態と設置位置の関連.第92回日本整形外科学会学術総会,横浜,2019年5月9-12日.

  25. 竹内拓海,里見和彦,山岸賢一郎,市村正一:びまん性特発性骨増殖症を伴う椎体骨折に対する新しい経皮的椎弓根スクリュ-刺入法とその短期成績 Double endplates penetrating screw (DEPS)法.第92回日本整形外科学会学術総会,横浜,2019年5月9-12日.

  26. 八木満,細金直文,藤田順之,岡田英次朗,鈴木悟士,辻収彦,名越慈人,中村雅也,松本守雄,渡邉航太:成人脊柱変形に対する矯正固定術の術後合併症は予測可能か.第92回日本整形外科学会学術総会,横浜,2019年5月9-12日.

  27. 竹内拓海,里見和彦:びまん性特発性骨増殖症(DISH)関連椎体骨折患者のDISH椎体と非DISH椎体のHounsfield値の検討.第18回京都鴨川脊椎手術研究会,京都,2019年6月1日.

  28. 篠知広,小西一斉,小林裕明:腹腔鏡下手術の術後に発症したwell-leg compartment syndromeの1例.第127回茨城県整形外科集談会,阿見,2019年6月1日.

  29. 林光俊,安部学,上園紗映,加藤秀之,平川淳一:精神科病院における身体リハビリテーション-第4報-.第56回日本リハビリテーション医学会学術集会,神戸,2019年6月12-16日.

  30. 佐藤行紀,小谷明弘,片山和洋,坂倉健吾,佐々木茂,鈴木啓司,市村正一:壮年期の半月板単損傷についての検討.第11回JOSKAS,札幌,2019年6月13-15日.

  31. 鈴木啓司,小谷明弘,稲永紗季,関口健史,大畑徹也:Open-wegde HTOにおける術後アライメントと外反弛緩性の検討.第11回JOSKAS,札幌,2019年6月13-15日.

  32. 片山和洋,佐藤行紀,坂倉健吾,鈴木啓司,小谷明弘,市村正一: Open wedge 高位脛骨骨切り術後の外側ヒンジ部の骨癒合遷延の検討.第11回JOSKAS,札幌,2019年6月13-15日.

  33. 稲永紗季,鈴木啓司,関口健史,大畑徹也,小谷明弘:変形性膝関節症におけるロコモ度の検討.第11回JOSKAS,札幌,2019年6月13-15日.

  34. 羽二生静,佐々木茂,大野公宏:広範囲腱板断裂に対する鏡視下腱板修復術の臨床治療成績と脂肪変性の経時的変化.第693回関東整形災害外科学会月例会,東京,2019年6月22日.

  35. 諸井威彦,高橋雅人,長谷川雅一,佐野秀仁,川野洋介,佐藤俊輔,細金直文,市村正一:腰椎椎間板嚢腫の検討.第41回多摩脊椎・脊髄カンファレンス,立川,2019年6月27日.

  36. 斯波卓哉,竹内拓海,渡邉知宏,小松研郎:DSCS を 9 年間やって分かったこと-新しいデバイスへの期待-.第45回日本骨折治療学会,福岡,2019年6月28-29日.

  37. 山岸賢一郎,星亨,工藤文孝,中川誉之,阿部幹:大腿骨近位部骨折受傷後の骨粗鬆症治療薬早期導入の試み.第45回日本骨折治療学会,福岡,2019年6月28−29日.

  38. 丸野秀人,大畑徹也,鈴木啓司,稲永紗季,小谷明弘:Bosworth骨折の治療経験.第45回日本骨折治療学会,福岡,2019年6月28-29日.

  39. 大畑徹也,濱田尚一郎,稲田成作,加藤聡一郎,小谷明弘,山口芳裕,市村正一:電車外傷の特徴と治療成績.第45回日本骨折治療学会,福岡,2019年6月28−29日.

  40. 鈴木啓司,関口健史,稲永紗季,大畑徹也,小谷明弘:TresLockを使用した非転位型大腿骨頚部骨折の治療成績,第45回日本骨折治療学会,福岡,2019年6月28−29日.

  41. 稲田成作,大畑徹也,濱田尚一郎,道廣岳,加藤聡一郎,市村正一,山口芳裕:不安定型骨盤輪骨折にL5横突起骨折を合併した患者の臨床的特徴.第45回日本骨折治療学会,福岡,2019年6月28-29日.

  42. 大野公宏,佐々木茂:Humeral locking plate(Ortus®)を用いた上腕骨近位端骨折の治療経験.第45回日本骨折治療学会,福岡,2019年6月28-29日.

  43. 西野雅人,稲田成作,道廣岳,大畑徹也,丸野秀人,市村正一:低身長症に対するホルモン療法中に両側同時脛骨粗面裂離骨折を生じた1例.第45回日本骨折治療学会,福岡,2019年6月28-29日.

  44. 中川誉之,星亨,工藤文孝,山岸賢一郎,阿部幹:Oblique Locking Hip Screwを用いた不安定型大腿骨転子部骨折の治療成績.第45回日本骨折治療学会,福岡,2019年6月28−29日.

  45. 阿部幹,星亨,工藤文孝,山岸賢一郎,中川誉之:超高齢者における大腿骨頚部骨折の周術期生命予後の検討.第45回日本骨折治療学会,福岡,2019年6月28−29日.

  46. 渡邉知宏,斯波卓哉,竹内拓海,小松研郎:DVT,PE 予防のための当施設におけるプロトコールの有用性の検討(第二報).第45回日本骨折治療学会,福岡,2019年6月28-29日.

  47. 浅野尚文,菊田一貴,保坂聖一,須佐美知郎,竹内克仁,渡部逸央,西本和正,堀内圭輔,森井健司,穴澤卯圭,鈴木禎寿,森岡秀夫,中村雅也,松本守雄,中山ロバート:骨巨細胞腫治療における denosumab の意義 当院および関連施設での治療経験.第52回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会,川越,2019年7月11-12日.

  48. 笠原知樹,浅野尚文,齊藤誠人,中川瑠美,弘實透,菊田一貴,渡部逸央,森井健司,森岡秀夫,中村雅也,松本守雄,中山ロバート:手関節に発生した骨巨細胞腫の治療成績.第52回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会,川越,2019年7月11-12日.

  49. 森井健司,浅野尚文,中山ロバート,菊田一貴,須佐美知郎,渡部逸央,穴澤卯圭,鈴木禎寿,森岡秀夫,市村正一:骨巨細胞腫手術の手術部位感染の実態調査.第52回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会,川越,2019年7月11-12日.

  50. 弘實透,齊藤誠人,中川瑠美,浅野尚文,菊田一貴,須佐美知郎,堀内圭輔,渡部逸央,穴澤卯圭,森井健司,中村雅也,松本守雄,中山ロバート:軟骨芽細胞腫 18 例の治療成績.第52回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会,川越,2019年7月11-12日.

  51. 宇髙徹,田島崇,森井健司,市村正一:当院における単発性骨嚢腫の治療成績.第52回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会,川越,2019年7月11-12日.

  52. 田島崇,森井健司,宇髙徹,岡部直太,柴原純二,市村正一:進行悪性軟部腫瘍に対する化学療法の治療成績.第52回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会,川越,2019年7月11-12日.

  53. 田島崇,森井健司,宇髙徹,岡部直太,柴原純二,市村正一:骨内発生extraskeletal myxoid chondrosarcomaの1例.第52回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会,川越,2019年7月11-12日.

  54. 森井健司,田島崇,宇髙徹,坂元敦子,市村正一:緩和医療介入のためのスクリーニングシステムを用いた肉腫患者の治療開始時意識調査.第52回日本整形外科学会骨軟部腫瘍学術集会,川越,2019年7月11-12日.

  55. 山岸賢一郎:骨粗鬆症リエゾンサービスの取り組みからみた在宅医療との関わり方.第1回日本在宅医療連合学会大会,東京,2019年7月14-15日.

  56. 森井健司,市村正一:悪性骨腫瘍のSSI対策-予防と治療-.第42回日本骨関節感染症学会,横浜,2019年7月19-20日.

  57. 渡邊隼人,五十嵐一峰,森脇孝博,市村正一:術前CRP高値を示した高齢者大腿骨近位部骨折手術例の短期術後経過.第42回日本骨・関節感染症学会,横浜,2019年7月19-20日.

  58. 中川誉之,星亨,工藤文孝,山岸賢一郎,阿部幹:後期高齢者における下肢長管骨慢性骨髄炎の治療戦略.第42回日本骨・関節感染症学会,横浜,2019年7月19-20日.

  59. 阿部幹,星亨,工藤文孝,山岸賢一郎,中川誉之:リンパ浮腫に併発した非定型大腿骨骨折術後晩発生骨髄炎の1例.第42回日本骨・関節感染症学会,横浜,2019年7月19-20日.

  60. 田島崇,森井健司,宇髙徹,岡部直太,柴原純二,市村正一:右橈骨遠位端骨腫瘍.第27回多摩骨軟部腫瘍研究会,三鷹,2019年8月24日.

  61. 林光俊:スポーツによるアキレス腱断裂の保存療法とリハビリテーション.第45回日本整形外科スポーツ医学会学術集会,大阪,2019年8月30日.

  62. 佐野秀仁,長谷川雅一,高橋雅人,佐藤俊輔,諸井威彦,川野洋介,細金直文,市村正一:早期BKP介入によるAVF発生予防と後彎予防-.第68回東日本整形災害外科学会,東京,2019年9月5-6日.

  63. 片山和洋,佐藤行紀,坂倉健吾,鈴木啓司,小谷明弘,森井健司,市村正一:Open wedge HTOとhybrid closed wedge HTO術後の下肢長変化量の検討.第68回東日本整形災害外科学会,東京,2019年9月5-6日.

  64. 諸井威彦,高橋雅人,佐野秀仁,川野洋介,佐藤俊輔,長谷川雅一,細金直文,市村正一:腰椎椎間板嚢腫5例の検討.第68回東日本整形災害外科学会,東京,2019年9月5-6日.

  65. 安部一平,家田良樹,黒崎祥一,市村正一:人工膝関節置換術後に同側の踵骨脆弱性骨折が発生した1例.第68回東日本整形災害外科学会,東京,2019年9月5-6日.

  66. 新井謙太郎,田島崇,宇高徹,森井健司,市村正一:軟部転移を生じた前立腺癌の1例.第68回東日本整形災害外科学会,東京,2019年9月5-6日.

  67. 道廣岳,稲田成作,大畑徹也,丸野秀人,市村正一:大腿骨近位部骨折の生命予後に関する検討.第68回東日本整形災害外科学会,東京,2019年9月5-6日.

  68. 阿部幹,星亨,工藤文孝,中川誉之,大祢英昭,青柳貴之:大腿骨転子下骨折術後に手術部位感染との鑑別が困難であった転移性悪性腫瘍の1例.第68回東日本整形災害外科学会,東京,2019年9月5-6日.

  69. 羽二生静,佐々木茂,大野公宏:広範囲腱板断裂に対する鏡視下腱板修復術の臨床治療成績と脂肪変性の経時的変化.第68回東日本整形災害外科学会,東京,2019年9月5-6日.

  70. 奥出聡,上園紗映,浜田賢二,林光俊,平川淳一:飛び降りによる多発外傷患者に対するリハビリテーション-多発外傷カンファレンス実施による治療成績の比較-.第68回東日本整形災害外科学会,東京,2019年9月5-6日.

  71. 河野仁,片岡嗣和,渡邉泰伸,中道清広,橘安津子,尾崎正大,竹内拓海,細金直文:PLIFにおける短いケージ使用による前弯獲得.第26回日本脊椎・脊髄神経手術手技学会 (JPSTSS),大阪,2019年9月6-7日.

  72. 細金直文,八木満,河野仁,藤田順之,今林英明,高橋雅人,長谷川雅一,佐野秀仁,千葉一裕,中村雅也,松本守雄,市村正一,渡邉航太:成人脊椎変形における術後成績不良例の検討-SRS-22の臨床的有意な最小変化量(MCID)を用いた検討-.第27回日本腰痛学会,神戸,2019年9月13-14日.

  73. 林光俊,今給黎直明,西野衆文,半谷美夏,金岡恒治:バレーボール日本代表男子選手の腰椎椎間板変性と腰痛について.第27回日本腰痛学会,神戸,2019年9月13-14日.

  74. 丸野秀人,長谷川雅一,長谷川淳:仙骨疲労骨折の2例.第27回日本腰痛学会,神戸,2019年9月13-14日.

  75. 渡辺弘樹,髙島康夫:入院加療を必要とした高齢者の腰痛の経過.第27回日本腰痛学会,神戸,2019年9月13-14日.

  76. 長谷川淳,木下欣明:BKP術後隣接椎体骨折の危険因子の検討.第27回日本腰痛学会,神戸,2019年9月13-14日.

  77. 諸井威彦,高橋雅人,佐野秀仁,川野洋介,佐藤俊輔,長谷川雅一,細金直文,市村正一:腰椎椎間板嚢腫5例の検討.第27回日本腰痛学会,神戸,2019年9月13-14日.

  78. 小西一斉,佐野秀仁,長谷川雅一,高橋雅人,佐藤俊輔,諸井威彦,細金直文,市村正一:観血的治療を施行した化膿性椎間板炎の予後不良因子の検討.第27回日本腰痛学会,神戸,2019年9月13-14日.

  79. 竹内拓海,山岸賢一郎,細金直文,市村正一:びまん性特発性骨増殖症(DISH)を伴う脊椎椎体骨折に対するDouble endplates penetrating screw(DEPS)法の短期成績.第27回日本腰痛学会,神戸,2019年9月13-14日.

  80. 佐野秀仁,長谷川雅一,高橋雅人,佐藤俊輔,諸井威彦,川野洋介,細金直文,市村正一:Balloon Kyphoplasty の至適介入時期-早期介入によるAVF 発生と後弯予防-.第27回日本腰痛学会,神戸,2019年9月13-14日.

  81. 諸井威彦,細金直文,佐野秀仁,川野洋介,佐藤俊輔,高橋雅人,長谷川雅一,市村正一:慢性腰痛症に対するDuloxetinの効果, 術後遺残疼痛に対する有効性の検討.第27回日本腰痛学会,神戸,2019年9月13-14日.

  82. 五十嵐一峰,渡邊隼人,森脇孝博:脊椎圧迫骨折の下肢症状.第27回日本腰痛学会,神戸,2019年9月13-14日.

  83. 大祢英昭,山岸賢一郎,青柳貴之,工藤文孝,中川誉之,阿部幹,星亨:慢性腎臓病患者のBalloon Kyphoplastyについての検討.第27回日本腰痛学会,神戸,2019年9月13-14日.

  84. 竹内拓海,山岸賢一郎,細金直文,市村正一:びまん性特発性骨増殖症(DISH)を合併した脊椎疾患に対してのDEPS法の有用性の問題点.第13回関東MISt研究会,東京,2019年9月28日.

  85. 市村正一:骨粗鬆症性椎体骨折の予後不良因子と椎体形成術の適応.第21回日本骨粗鬆症学会/第37回日本骨代謝学会,神戸,2019年10月11-13日.

  86. 山岸賢一郎,星亨,工藤文孝,中川誉之,阿部幹,佐藤綾子,斎藤祥子,新井美紀:骨粗鬆症性骨折後のゾレドロン酸年一回投与の取り組みと治療成績.第21回日本骨粗鬆症学会,神戸,2019年10月11-13日.

  87. 時岡弘行,上村一貴,内藤哲也,大杉圭,山岸賢一郎:当院における放射線技師としてのリエゾンサービスへの関わり方-CT画像より脊椎圧迫骨折の評価-.第21回日本骨粗鬆症学会,神戸,2019年10月11-13日.

  88. 稲永紗季,長谷川雅一,市村正一:高齢者に対するロコモーショントレーニング運動介入の効果.第21回日本骨粗鬆症学会,神戸,2019年10月11-13日.

  89. 大伴直央,黄郁代,武田和樹,小倉洋二,高橋洋平,南昌平,宇野耕吉,川上紀明,伊東学,米澤郁穂,渡辺慶,海渡貴司,柳田晴久,種市洋,播广谷勝三,谷口優樹,重松英樹,飯田尚裕,出村論,菅原亮, 藤田順之, 八木満, 岡田英次朗, 細金直文, 河野克己, 千葉一裕,小谷俊明,佐久間毅,赤澤努,鈴木哲平,西田康太郎,角谷賢一朗,辻太一,須藤英毅,岩田玲,佐藤達哉,稲見聡,寺尾知可史,中村雅也,松本守雄,渡邉航太,池川志郎:思春期特発性側弯症の遺伝子研究.第34回日本整形外科学会基礎学術集会,横浜,2019年10月17-18日.

  90. 佐藤俊輔,高橋雅人,里見和彦,長谷川淳,竹内拓海,大祢英昭,長谷川雅一,市村正一:転移性頚椎腫瘍モデルの作製と頸髄麻痺の検証 行動学的評価と3DµX線による腫瘍進展様式.第34回日本整形外科学会基礎学術集会,横浜,2019年10月17-18日.

  91. 大野公宏,高橋雅人,里見和彦,長谷川淳,竹内拓海,大祢英昭,佐藤俊輔,細金直文,市村正一:末梢神経損傷後幼若ラットにおける皮質脊髄路経路変更の可能性-電気生理学的検討-.第34回日本整形外科学会基礎学術集会,横浜,2019年10月17-18日.

  92. 中川誉之:救急領域における整形外科外傷.第65回救急症例検討会,東大和,2019年10月21日.

  93. 坂倉健吾,佐々木茂,市村正一: Dual row法とDAFF法による腱板修復術の比較 再断裂形態に着目して. 第46回日本肩関節外科学会,長野,2019年10月25-26日.

  94. 安部一平,井上功三朗,小寺正純,市村正一:原発性性腺機能低下症が原因で発症した遅発性大腿骨頭すべり症の1例.第46回日本股関節学会,宮崎,2019年10月25-26日.

  95. 小西一斉,佐野秀仁,長谷川雅一,高橋雅人,細金直文,市村正一:当院における中下位頸椎脱臼骨折の治療経験.第54回日本脊髄障害医学会,秋田,2019年10月31日—11月1日.

  96. 八木満,細金直文,藤田順之,岡田英次朗,鈴木悟士,中村雅也,松本守雄,渡辺航太:成人脊柱変形術後インプラント関連合併症の発生予測.第53回日本側彎症学会学術集会,高崎,2019年11月8-9日.

  97. 細金直文,八木満,河野仁,クリストファーエイム,バージニラファージ,藤田順之,高橋雅人,長谷川雅一,佐野秀仁,市村正一,中村雅也,松本守雄,渡邉航太:3 column osteotomy を施行した日米成人脊柱変形の比較.第53回日本側彎症学会学術集会,高崎,2019年11月8-9日.

  98. 大伴直央,武田和樹,小倉洋二,高橋洋平,南昌平,宇野耕吉,川上紀明,伊藤学,佐藤達哉,海渡貴司,柳田晴久,種市洋,播广谷勝三,谷口優樹,重松英樹,飯田尚裕,出村論,菅原亮,藤田順之,八木満,岡田英次朗,細金直文,河野克己,千葉一裕,小谷俊明,佐久間毅,赤澤努,鈴木哲平,西田康太郎,角谷賢一朗,辻太一,須藤英毅,岩田玲,稲見聡,寺尾知可史,中村雅也,松本守雄,池川志郎,渡邉航太:遺伝子情報を用いた思春期特発性側弯症の発症予測モデル.第53回日本側彎症学会学術集会,高崎,2019年11月8-9日.

  99. 大伴直央,武田和樹,小倉洋二,高橋洋平,南昌平,宇野耕吉,川上紀明,伊藤学,米澤郁穂,渡邊慶,海渡貴司,柳田晴久,種市洋,播广谷勝三,谷口優樹,重松英樹,飯田尚裕,出村論,菅原亮,藤田順之,八木満,岡田英次朗,細金直文,河野克己,千葉一裕,小谷俊明,佐久間毅,赤澤努,鈴木哲平,西田康太郎,角谷賢一朗,辻太一,須藤英毅,岩田玲,佐藤達哉,稲見聡,寺尾知可史,中村雅也,松本守雄,渡邉航太,池川志郎:思春期特発性側弯症の拡大ゲノムワイド関連解析.第53回日本側彎症学会学術集会,高崎,2019年11月8-9日.

  100. 竹内拓海,山岸賢一郎,細金直文,市村正一:びまん性特発性骨増殖症を合併した脊椎疾患に対してのDouble endplates penetrating screw(DEPS)法の有用性.第25回日本最小侵襲整形外科学会,東京,2019年11月9日.

  101. 渡邊隼人,木村雅史,萩原敬一,柳澤真也,生越敦子,星川直哉,栗原信吾,高瀬亮太 : 成長期における反復性膝蓋骨脱臼に対してMPFL再建術およびRoux-Goldthwait法を施行後に骨変形が生じた1例.第46回関東膝を語る会,東京,2019年11月9日.

  102. Hirozane T, Asano N, Kikuta K, Susa M, Watanabe I, Morii T, Nakamura M, Matsumoto M, Nakayama R: Clinical features of Chondroblastoma: A Review of 19 cases. 2019 CTOS(Connective Tissue Oncology Society) Annual Meeting, Tokyo, November 13th-16th, 2019.

  103. Morii T: Comorbidities in Cases with Soft Tissue Sarcoma-Impact on the Completion of Standard Therapy and Oncological Outcome. 2019 CTOS(Connective Tissue Oncology Society) Annual Meeting, Tokyo, November 13th-16th, 2019.

  104. 河野仁,片岡嗣和,渡邉泰伸,中道清広,橘安津子,尾崎正大,竹内拓海,細金直文:PLIFにおける短いケージ使用による前弯獲得.第28回日本脊椎インストゥルメンテーション学会,つくば,2019年11月15-16日.

  105. 林晃成,太田武雄,岩﨑圭祐,萩原芳幸,林光俊,豊島由佳子,上野俊明:日本代表男女バレーボールチーム選手の歯科調査-第三報-.第30回日本臨床スポーツ医学会学術集会,横浜,2019年11月16-17日.

  106. 水石裕,濱崎圭祐,佐藤謙次,板倉尚子,今給黎直明,林光俊:中学生バレーボール有望選手合宿におけるメディカルチェック報告調査-膝痛における男女差について-.第30回日本臨床スポーツ医学会学術集会,横浜,2019年11月16-17日.

  107. 荒木大輔,藤田耕司,小原和宏,山口博,岩楯桜子,福田直子,西野衆文,橋本吉登,林光俊:クレンブテロール食物汚染によるドーピング問題に対する対応-日本スポーツ協会加盟中央競技団体へのアンケート調査から-.第30回日本臨床スポーツ医学会学術集会,横浜,2019年11月16-17日.

  108. 若林良明,橋本吉登,林光俊:2018女子バレーボール世界選手権横浜会場におけるメディカルサポート.第30回日本臨床スポーツ医学会学術集会,横浜,2019年11月16-17日.

  109. 今給黎直明,林光俊,西野衆文,佐藤謙次:オリンピックテストマッチ『ビーチバレーボールワールドツアー東京2019』におけるメディカルサポート-2020東京オリンピックに向けて-.第30回日本臨床スポーツ医学会学術集会,横浜,2019年11月16-17日.

  110. 高橋雅人,長谷川淳,里見和彦,竹内拓海,大祢英昭,辻将明,佐野秀仁,長谷川雅一,細金直文,市村正一:頸椎後縦靱帯骨化症における術中電気生理学的高位診断.第49回日本臨床神経生理学会,福島,2019年11月28-30日.

  111. 高橋雅人,梅田達也,伊佐かおる,伊佐正:生理学者からみた錐体路電位とは-発達初期脳損傷後の錐体路大規模再組織化の電気生理学的検証-.第49回日本臨床神経生理学会,福島,2019年11月28-30日.

  112. 長谷川淳,細金直文,木下欣明,川野洋介,辻将明,大祢英昭,佐野秀仁,高橋雅人,長谷川雅一,市村正一:BKP 術後に頭尾側の隣接椎体骨折を生じ再手術に難渋した1例.第21回圧迫性脊髄症研究会,東京,2020年1月18日.

  113. 中川誉之:当院における不安定型大腿骨転子部骨折の治療方針.第4回武蔵野股関節カンファレンス,三鷹,2020年1月25日.

  114. 高橋雅人,吉田剛,安藤宗治,山本直也,川端茂徳,山田圭,今釜史郎,寒竹司,藤原靖,和田簡一郎,田所伸朗,小林和克,舩場真裕,谷口愼一郎,岩崎博,重松英樹,安田明正,谷俊一,松山幸弘:日本脊椎脊髄病学会モニタリングWGが策定した術中脊髄モニタリングアラームポイントの基準妥当性.第41回脊髄機能診断研究会,東京,2020年2月1日.

  115. 諸井威彦,佐野秀仁,細金直文,小西一斉,五十嵐一峰,大木紫,市村正一:タブレットPCを用いた新たな上肢巧緻機能評価法の開発 (第二報)−健常者と頚髄症患者の評価−.第41回脊髄機能診断研究会,東京,2020年2月1日.

  116. 大野公宏,工藤文孝,高山拓人,丸野秀人:上腕骨遠位端Coronal Shear Fractureの治療成績.第32回日本肘関節学会学術集会,奈良,2020年2月7-8日.

  117. 竹内拓海,山岸賢一郎,細金直文,市村正一:びまん性特発性骨増殖症(DISH)を合併した脊椎疾患に対してのDEPS法の有用性の問題点.第10回日本最小侵襲脊椎治療学会,神戸,2020年2月14-16日.

  118. 田島崇,森井健司,宇髙徹,市村正一:エリブリン投与で長期にADL維持可能であった粘液線維肉腫の1例.第3回日本サルコーマ治療研究会,大阪,2020年2月21日.

  119. 弘實透,笠原知樹,中川瑠美,浅野尚文,菊田一貴,須佐美知郎,堀内圭輔,渡部逸央,穴澤卯圭,森井健司,中村雅也,松本守雄,中山ロバート:軟骨芽細胞腫26例の治療成績.第3回日本サルコーマ治療研究会,大阪,2020年2月21日.

  120. 森井健司,中山ロバート,穴澤卯圭,宇髙徹,王谷英達,河本旭哉,小林寛,鬼頭宗久,永野昭仁,末原義之,佐々恵太,上田孝文:四肢脱分化脂肪肉腫MR像における脱分化部面積の臨床的意義-骨軟部肉腫治療研究会(JMOG)多施設共同研究-.第3回日本サルコーマ治療研究会,大阪,2020年2月21日.

  121. 髙栁正俊,佐藤行紀,坂倉健吾,片山和洋,市村正一:軟骨無形成症に対し人工膝関節置換術を施行した1例.第50回日本人工関節学会,福岡,2020年2月21-22日.

  122. 安部一平,家田良樹,黒崎祥一,市村正一:人工膝関節置換術後に同側の踵骨脆弱性骨折が発生した1例.第50回日本人工関節学会,福岡,2020年2月21-22日.

  123. 篠知広,川野洋介,佐野秀仁,辻将明,大祢英昭,高橋雅人,長谷川雅一,細金直文,市村正一:後弯変形を伴った脊髄ヘルニアの手術症例.第696回関東整形災害外科学会月例会,東京,2020年2月22日.

  124. 陣内快史,道廣岳,稲田成作,市村正一:尺側手根中手関節脱臼骨折にコンパートメント症候群を合併した1例.第696回関東整形災害外科学会月例会,東京,2020年2月22日.

  125. 藤井亜美,星亨,田島崇,宇髙徹,森井健司,市村正一,青柳貴之:下腿慢性骨髄炎の臨床像を呈した類上皮肉腫の1例.第696回関東整形災害外科学会月例会,2020年2月22日.

  126. 深見惇二,星亨,中川誉之,藤井亜美,山岸賢一郎,工藤文孝:開胸術後に発症した難治性胸骨骨髄炎の一例.第696回関東整形災害外科学会月例会,東京,2020年2月22日.

  127. 関口健史,佐々木茂:高度内反変形を生じたCharcot関節にTKAを施行した1例.第696回関東整形災害外科学会月例会,東京,2020年2月22日.

 

Ⅱ.論文

 
A. 英語原著論文
  1. Hosogane N, Nojiri K1, Suzuki S1, Funao H1,2, Okada E1, Isogai N1,2, Ueda S1, Hikata T1, Shiono Y1, Watanabe K1, Watanabe K3, Kaito T4, Yamashita T4, Fujiwara H4, Nagamoto Y4, Terai H5, Tamai K5, Matsuoka Y6, Suzuki H6, Nishimura H6, Tagami A7, Yamada S7, Adachi S7, Ohtori S8, Orita S8, Furuya T8, Yoshii T9, Ushio S9, Inoue G10, Miyagi M10, Saito W10, Imagama S11, Ando K11, Sakai D12, Nukaga T12, Kiyasu K13, Kimura A14, Inoue H14, Nakano A15, Harimaya K16, Kawaguchi K16, Yokoyama N16, Oishi H16, Doi T16, Ikegami S17, Shimizu M17, Futatsugi T17, Kakutani K18, Yurube T18, Oshima M19, Uei H19, Aoki Y20, Takahata M21, Iwata A21, Seki S22, Murakami H23, Yoshioka K23, Endo H24, Hongo M25, Nakanishi K26, Abe T27, Tsukanishi T27, Ishii K12 (1Keio University School of Medicine, 2International University of Health and Welfare, 3Niigata University, 4Osaka University Graduate School of Medicine, 5Osaka City University, 6Tokyo Medical University, 7Nagasaki University, 8Chiba University, 9Tokyo Medical and Dental University, 10Kitasato University, 11Nagoya University, 12Tokai University, 13Kochi University, 14Jichi Medical University, 15Osaka Medical College, 16Kyushu University, 17Shinshu University, 18Kobe University, 19Nihon University Itabashi Hospital, 20Eastern Chiba Medical Center, 21Hokkaido University, 22University of Toyama, 23Kanazawa University, 24Iwate Medical University, 25Akita University, 26Hiroshima University, 27University of Tsukuba). Surgical Treatment of Osteoporotic Vertebral Fracture with Neurological Deficit-A Nationwide Multicenter Study in Japan. Spine Surg Relat Res. 3(4):361-367, 2019.

  2. Shimamori N1, Kishino T1,2,3Morii T, Okabe N4, Motohashi M1, Matsushima S2, Yamasaki S1,2, Ohtsuka K1,2, Shibahara J4, Ichimura S, Ohnishi H1,2, Watanabe T1,2 :(1Department of Clinical Laboratory, Kyorin University Hospital, 2Department of Laboratory Medicine, Kyorin University School of Medicine, 3Department of Clinical Engineering, Kyorin University Faculty of Health Sciences, 4Department of Pathology, Kyorin University School of Medicine,): Sonographic Appearances of Liposarcoma: Correlations with Pathologic Subtypes. Ultrasound Med Biol 45(9):2568-2574, 2019. doi: 10.1016/j.ultrasmedbio. 2019.05.020.

  3. Sakai Y1, Kaito T1, Takenaka S1, Yamashita T2, Makino T1, Hosogane N, Nojiri K3, Suzuki S4, Okada E4, Watanabe K4, Funao H5, Isogai N5, Ueda S6, Hikata T7, Shiono Y8, Watanabe K9, Katsumi K9, Fujiwara H10, Nagamoto Y11, Terai H12, Tamai K12, Matsuoka Y13, Suzuki H13, Nishimura H13, Tagami A14, Yamada S14, Adachi S14, Ohtori S15, Orita S15, Furuya T15 Yoshii T16, Ushio S16, Inoue G17, Miyagi M17, Saito W17, Imagama S18, Ando K18, Sakai D19, Nukaga T19, Kiyasu K20, Kimura A21, Inoue H21, Nakano A22, Harimaya K23, Doi T23, Kawaguchi K24, Yokoyama N24, Oishi H24, Ikegami S25, Futatsugi T25, Shimizu M26, Kakutani K27, Yurube T27, Oshima M28, Uei H28, Aoki Y29, Takahata M30, Iwata A30, Seki S31, Murakami H32, Yoshioka K33, Endo H34, Hongo M35, Nakanishi K36, Abe T37, Tsukanishi T38, Ishii K5 (1Osaka University Graduate School of Medicine, 2National Hospital Organization Osaka National Hospital, 3Isehara Kyodo Hospital, 4Keio University School of Medicine, 5International University of Health and Welfare, 6Kawasaki Municipal Hospital, 7Kitasato Institute Hospital, 8Saiseikai Central Hospital, 9Niigata University Medical and Dental General Hospital, 10National Hospital Organization Osaka Minami Medical Center, 11Osaka Rosai Hospital, 12Osaka City University Graduate School of Medicine, 13Tokyo Medical University, 14Nagasaki University Hospital, 15Chiba University, 16Tokyo Medical and Dental University, 17Kitasato University, 18Nagoya University Graduate School of Medicine, 19Tokai University School of Medicine, 20Kochi Medical School, Kochi University, 21Jichi Medical University, 22Osaka Medical College, 23Kyushu University Beppu Hospital, 24Kyushu University, 25Shinshu University, 26Matsumoto City Hospital, 27Kobe University Graduate School of Medicine, 28Nihon University School of Medicine, 29Eastern Chiba Medical Center, 30Hokkaido University Graduate School of Medicine, 31University of Toyama, 32Kanazawa University, 33National Hospital Organization Kanazawa Medical Center, 34Iwate Medical University, 35Akita University, 36Hiroshima University, 37University of Tsukuba, Tsukuba, 38Chiba Cancer Cente). Complications after spinal fixation surgery for osteoporotic vertebral collapse with neurological deficits: Japan Association of Spine Surgeons with ambition multicenter study. J Orthop Sci. 24(6):985-990, 2019.

  4. Watanabe K1, Katsumi K2, Ohashi M2 Shibuya Y2, Hirano T2, Endo N2, Kaito T3, Yamashita T3, Fujiwara H3, Nagamoto Y3, Matsuoka Y4, Suzuki H4, Nishimura H4, Terai H5, Tamai K5, Tagami A6, Yamada S6, Adachi S6, Yoshii T7, Ushio S7, Harimaya K8, Kawaguchi K8, Yokoyama N8, Oishi H8, Doi T8, Kimura A9, Inoue H9, Inoue G10, Miyagi M10, Saito W10, Nakano A11, Sakai D12, Nukaga T12, Ikegami S13, Shimizu M13, Futatsugi T13, Ohtori S14, Furuya T14, Orita S14, Imagama S15, Ando K15, Kobayashi K15, Kiyasu K16, Murakami H17, Yoshioka K17, Seki S18, Hongo M19, Kakutani K20, Yurube T20, Aoki Y21, Oshima M22, Takahata M23, Iwata A23, Endo H24, Abe T25, Tsukanishi T25, Nakanishi K26, Watanabe K27, Hikata T27, Suzuki S27, Isogai N27,28, Okada E27, Funao H27, Ueda S27, Shiono Y27, Nojiri K27, Hosogane N29,27, Ishii K27,28 (1Niigata University Medical and Dental General Hospital, 2Niigata University Medical and Dental General Hospital, 3Osaka University, 4Tokyo Medical University, 5Osaka City University, 6Nagasaki University, 7Tokyo Medical and Dental University, 8Kyushu University, 9 Jichi Medical University, 10Kitasato University, 11Osaka Medical College, 12Tokai University, 13Shinshu University, 14Chiba University, 15Nagoya University, 16 Kochi University, 17Kanazawa University, 18University of Toyama, 19Akita University, 20Kobe University, 21Eastern Chiba Medical Center, 22Nihon University Itabashi Hospital, 23 Hokkaido University, 24Iwate Medical University, 25University of Tsukuba, 26 Hiroshima University, 27Keio University School of Medicine, 28International University of Health and Welfare School of Medicine, 29National Defense Medical College) . Surgical outcomes of spinal fusion for osteoporotic vertebral fracture in the thoracolumbar spine: Comprehensive evaluations of 5 typical surgical fusion techniques. J Orthop Sci. 24(6):1020-1026, 2019.

  5. Murata K1, Matsuoka Y1, Nishimura H1, Endo K1, Suzuki H1, Takamatsu T1, Sawaji Y1, Aihara T1, Kusakabe T1, Maekawa A1, Yamamoto K1, Watanabe K2, Kaito T3, Terai H4, Tamai K5, Tagami A5, Yoshii T6, Harimaya K7, Kawaguchi K7, Kimura A8, Inoue G9, Nakano A10, Sakai D11, Hiyama A11, Ikegami S12, Ohtori S13, Furuya T13, Orita S13, Imagama S14, Kobayashi K14, Kiyasu K15, Murakami H16, Yoshioka K16, Seki S17, Hongo M18, Kakutani K19, Yurube T19, Aoki Y20, Uei H21, Ajiro Y21, Takahata M22, Endo H23, Abe T24, Nakanishi K25, Watanabe K26, Okada E26, Hosogane N, Funao H27, Isogai N27, Ishii K27 (1Tokyo Medical University, 2Niigata University, 3Osaka University, 4Osaka City University, 5Nagasaki University, 6Tokyo Medical and Dental University, 7Kyusyu University, 8Jichi Medical University, 9Kitasato University,10Osaka Medical College, 11Tokai University, 12Shinshu University, 13Chiba University, 14Nagoya University, 15Kochi University, 16Kanazawa University, 17University of Toyama, 18Akita University, 19Kobe University, 20Eastern Chiba Medical Center, 21Nihon University, 22Hokkaido University, 23Iwate Medical University, 24University of Tsukuba, 25Hiroshima University, 26Keio University, 27International University of Health and Welfare): The factors related to the poor ADL in the patients with osteoporotic vertebral fracture after instrumentation surgery. Eur Spine J. 2019. doi: 10.1007/s00586-019-06092-0.[Epub ahead of print]

  6. Takeda K1,2,3, Kou I3, Hosogane N2,4, Otomo N1,2, Yagi M1,2, Kaneko S2,5, Kono H2,6, Ishikawa M2,7, Takahashi Y2,8, Ikegami T2,9, Nojiri K2,10, Okada E2,11, Funao H2,12, Okuyama K2,13, Tsuji T2,14, Fujita N1,2, Nagoshi N1,2, Tsuji O1,2, Ogura Y1,2, Ishii K1,2,15, Nakamura M1,2, Matsumoto M1,2, Ikegawa S3, Watanabe K1,2 (1Keio University School of Medicine, 2Keio Spine Research Group, 3RIKEN, 4National Defense Medical College, 5National Hospital Organization Murayama Medical Center, 6Medical Corporation Keiyukai Keiyu Orthopaedic Hospital, 7International University of Health and Welfare, 8Japanese Red Cross Shizuoka Hospital, 9Fussa Hospital, 10Isehara Kyodo Hospital, 11Saiseikai Central Hospital, 12Kawasaki Municipal Hospital, 13Sizuoka City Shimizu Hospital, 14Fujita Health University Hospital, 15International University of Health and Welfare). Association of Susceptibility Genes for Adolescent Idiopathic Scoliosis and Intervertebral Disc Degeneration with Adult Spinal Deformity. Spine (Phila Pa 1976). 44(23):1623-1629, 2019.

  7. Yagi M1,2,3, Michikawa T4, Hosogane N3, Fujita N1,3, Okada E1,3, Suzuki S1,3, Tsuji O1,3, Nagoshi N1,3, Asazuma T2, Tsuji T3,5, Nakamura M1,3, Matsumoto M1,3, Watanabe K1,3 (1Keio University School of Medicine, 2National Hospital Organization Murayama Medical Center, 3Keio Spine Research Group, 4Toho University, 5Fujita Health University): Risk, Recovery, and Clinical Impact of Neurological Complications in Adult Spinal Deformity Surgery. Spine (Phila Pa 1976). 44(19):1364-1370, 2019.

  8. Yagi M1,2,3, Michikawa T4, Hosogane N3, Fujita N1,3, Okada E1,3, Suzuki S1,3, Tsuji O1,3, Nagoshi N1,3, Asazuma T2, Tsuji T3,5, Nakamura M1,3, Matsumoto M1,3, Watanabe K1,3 (1Keio University School of Medicine, 2National Hospital Organization Murayama Medical Center, 3Keio Spine Research Group, 4Toho University, 5Fujita Health University):  The 5-Item Modified Frailty Index Is Predictive of Severe Adverse Events in Patients Undergoing Surgery for Adult Spinal Deformity. Spine (Phila Pa 1976). 44(18): E1083-E1091, 2019.

  9. Yagi M1,2,3, Hosogane N2, Fujita N1,3, Okada E1,3, Suzuki S1,3, Tsuji O1,3, Nagoshi N1,3, Asazuma T2,4, Tsuji T3,4, Nakamura M1,3, Matsumoto M1,3, Watanabe K1,3(1Keio University School of Medicine, 2National Hospital Organization Murayama Medical Center, 3Keio Spine Research Group, 4Fujita Health University): Surgical risk stratification based on preoperative risk factors in adult spinal deformity. Spine J. 19(5):816-826, 2019.

  10. Yagi M1,2,3, Michikawa T4, Hosogane N3, Fujita N1,3, Okada E1,3, Suzuki S1,3, Tsuji O1,3, Nagoshi N1,3, Asazuma T2, Tsuji T3,5, Nakamura M1,3, Matsumoto M1,3, Watanabe K1,3 (1Keio University School of Medicine, 2National Hospital Organization Murayama Medical Center, 3Keio Spine Research Group, 4Toho University, 5Fujita Health University). Treatment for Frailty Does Not Improve Complication Rates in Corrective Surgery for Adult Spinal Deformity. Spine (Phila Pa 1976). 44(10):723-731, 2019.

  11. Kou I1, Otomo N1,2, Takeda K1,2, Momozawa Y1, Lu HF1,3, Kubo M1, Kamatani Y1,6, Ogura Y2, Takahashi Y2, Nakajima M1, Minami S5, Uno K6, Kawakami N7, Ito M8, Yonezawa I9, Watanabe K10, Kaito T11, Yanagida H12, Taneichi H13, Harimaya K14, Taniguchi Y15, Shigematsu H16, Iida T17, Demura S18, Sugawara R19, Fujita N2, Yagi M2, Okada E2,20, Hosogane N2,21, Kono K2,22, Nakamura M2, Chiba K2,21, Kotani T5, Sakuma T5, Akazawa T5, Suzuki T6, Nishida K23, Kakutani K23, Tsuji T7, Sudo H24, Iwata A25, Sato T9, Inami S13, Matsumoto M2, Terao C1, Watanabe K26, Ikegawa S1 (1RIKEN, 2Keio University School of Medicine, 3Taipei Medical University, 4Kyoto University Graduate School of Medicine, 5Seirei Sakura Citizen Hospital, 6Kobe Medical Center, 7Meijo Hospital, 8Hokkaido Medical Center, 9Juntendo University School of Medicine, 10Niigata University Medical and Dental General Hospital, 11Osaka University Graduate School of Medicine, 12Fukuoka Children's Hospital, 13Dokkyo Medical University School of Medicine, 14Kyushu University Beppu Hospital, 15The University of Tokyo, 16Nara Medical University, 17Dokkyo Medical University Koshigaya Hospital, 18Kanazawa University Hospital, 19Jichi Medical University, 20Saiseikai Central Hospital, 21National Defense Medical College, 22Eiju General Hospital, 23Kobe University Graduate School of Medicine, 24Hokkaido University Graduate School of Medicine, 25okkaido University, 26Keio University School of Medicine): Genome-wide association study identifies 14 previously unreported susceptibility loci for adolescent idiopathic scoliosis in Japanese. Nat Commun . 10(1): 3685, 2019.

  12. Yoshida G1, Imagama S2, Kawabata S3, Yamada K4, Kanchiku T5, Fujiwara Y6, Tadokoro N7, Takahashi M, Wada K8, Yamamoto N9, Ushirozako H1, Kobayashi K1, Yasuda A10, Ando M11, Tani T12, Matsuyama Y1 (1Hamamatsu University School of Medicine, 2Nagoya University, 3Tokyo Medical and Dental University, 4Kurume University, 5Yamaguchi University, 6Asa Citizens Hospital, 7Kochi University, 8Hirosaki University, 9Tokyo Women's Medical University, 10Murayama Medical Center, 11Kansai Medical University Medical Center, 12Kubokawa Hospital): Adverse Events Related to Transcranial Electric Stimulation for Motor-evoked Potential Monitoring in High-risk Spinal Surgery. Spine 44(20): 1435-1440, 2019. doi: 10.1097/BRS.0000000000003115.

  13. Ohne H, Takahashi M, Satomi K, Hasegawa A, Takeuchi T, Sato S, Ichimura S. Mechanism of forelimb motor function restoration in rats with cervical spinal cord hemisection -neuroanatomical validation-. IBRO Rep 7: 10-25, 2019. doi: 10.1016/j.ibror.2019.05.002. eCollection 2019.

  14. Tajima T1, Kito F2, Yoshida A3, Kawai A4, Kondo T1,2. (1Division of Rare Cancer Research, National Cancer Center Research Institute, 2Department of Innovative Seeds Evaluation, National Cancer Center Research Institute, 3Pathology and Clinical Laboratory Division, National Cancer Center Hospital, 4Division of Musculoskeletal Oncology, National Cancer Center Hospital) : Calreticulin as A Novel Potential Metastasis-Associated Protein in Myxoid Liposarcoma, as Revealed by Two-Dimensional Difference Gel Electrophoresis. Proteomes 7(2): 13, 2019.

  15. Yoshida G1, Ando M2, Imagama S3, Kawabata S4, Yamada K5, Kanchiku T6, Fujiwara Y7, Tadokoro N8, Takahashi M, Wada K9, Yamamoto N10, Kobayashi S1, Ushirozako H1, Kobayashi K3, Yasuda A11, Tani T12, Matsuyama Y (1Hamamatsu University School of Medicine, 2Wakayama Rosai Hospital, 3Nagoya University, 4Tokyo Medical and Dental University, 5Kurume University, 6Yamaguchi University, 7Asa Citizens Hospital, 8Kochi University, 9Hirosaki University, 10Tokyo Women's Medical University, 11Murayama Medical Center, 12Kubokawa Hospital): Alert Timing and Corresponding Intervention with Intraoperative Spinal Cord Monitoring for High-Risk Spinal Surgery. Spine 44(8): E470-E479, 2019. doi: 10.1097/BRS.0000000000002900.

  16. Ogura Y1, Okada E1, Fujii T1, Yagi M1, Fujita N1, Suzuki S1, Hosogane N, Kitagawa T1, Tsuji O1, Nagoshi N1, Nakamura M1, Matsumoto M1, Watanabe K1 (1Keio University School of Medicine). Midterm surgical outcomes of a short fusion strategy for adolescent idiopathic scoliosis with Lenke 5C curve. Spine J. 20(3):361-368, 2020.

  17. Yagi M1,2, Ames CP3, Hosogane N, Smith JS4, Shaffrey CI5, Schwab F6, Lafage V6, Bess S7, Matsumoto M1, Watanabe K1, International Spine Study Group (ISSG) (1Keio University School of Medicine, 2National Hospital Organization Murayama Medical Center, 3University of California San Francisco, 4University of Virginia Medical Center, 5Duke University, 6Hospital for Special Surgery, 7Denver International Spine Center) . Lower Satisfaction after Adult Spinal Deformity Surgery in Japan than in the US Despite Similar SRS22 Pain and Function Scores: A Propensity-Score Matched Analysis. Spine (Phila Pa 1976). 2020. doi: 10.1097/BRS.0000000000003483.

  18. Fujii T1,2, Daimon K1,2, Fujita N1,2, Yagi M1,2, Michikawa T3, Hosogane N2, Nagoshi N1,2, Tsuji O1,2, Kaneko S2,4, Tsuji T2,5, Nakamura M1,2, Matsumoto M1,2, Watanabe K1,2 (1Keio University School of Medicine, 2Keio Spine Research Group (KSRG), 3National Institute for Environmental Studies, 4National Hospital Organization, 5Fujita Health University). Risk Factors for Postoperative Distal Adding-on in Lenke Type 1B and 1C and its Influence on Residual Lumbar Curve. J Pediatr Orthop. 40(2): e77-e83, 2020.

  19. Tajima Y, Takahashi M, Kawai T1, Higashi M1, Sano H, Ichimura S, Kobayashi H1 (1Koyama Memorial Hospital): Metastatic intradural extramedullary spinal cord tumor from ovarian cancer: A case report with a literature review. J Spinal Cord Med 23:1-4, 2020. doi: 10.1080/10790268.2020.1739380.

 
B. 日本語論文
  1. 林光俊:オリンピック競技のメディカルサポート-2020に向けて-(第7回)バレーボールのメディカルサポート.臨スポーツ医36(7):810-813,2019.

  2. 松井智裕1,4,熊井司2,4,宮本拓馬3,福田直子4,田中康人3,西野衆文4,林光俊4(1 済生会奈良病院整形外科, 2早稲田大学スポーツ科学学術院, 3奈良県立医科大学整形外科,4本バレーボール協会ハイパフォーマンス委員会メディカルユニット):全日本バレーボールチームにおけるメディカルチェック-足部、足関節外傷・障害の予防にどう係ることができるか-.日足の外会誌40(1):164-168,2019.

  3. 丸野秀人,工藤文孝,大野公宏:新生児化膿性関節炎の2例-6年と 8年の中期経過.日肘関節会誌 26:234-238,2019.

  4. 佐野秀仁,市村正一,長谷川雅一,高橋雅人,佐藤俊輔,小西一斉,細金直文:中下位腰椎の骨粗鬆症性椎体骨折に対するBKPの治療成績.J Spine Res 10(6): 987-991,2019.

  5. 鈴木啓司,小谷明弘,稲永紗季,関口健史,大畑徹也:Open-wegde HTOにおける術後アライメントと外反弛緩性の検討.JOSKAS45:184−185,2020.

  6. 片山和洋,佐藤行紀,坂倉健吾,鈴木啓司,小谷明弘,市村正一: Open wedge 高位脛骨骨切り術後の外側ヒンジ部の骨癒合遷延の検討.JOSKAS 45 : 150-151,2019.

  7. 田島祐基,田島崇,青柳貴之,吉山晶,森井健司,市村正一:手舟状骨骨内ガングリオンの一例.関東整災外会誌50:170-173,2019.

  8. 大畑徹也,濱田尚一郎,稲田成作,加藤聡一郎,小谷明弘,山口芳裕,市村正一:電車外傷の特徴と治療成績. 骨折42(1):244‒246,2020.

  9. 西野雅人,稲田成作,道廣岳,大畑徹也,丸野秀人,市村正一:低身長症に対するホルモン療法中に両側同時脛骨粗面裂離骨折を生じた1例.骨折42(2):589-593,2020.

  10. 西野雅人,吉山晶,青柳貴之,森井健司,市村正一:肩甲部に発生した,疼痛のない巨大glomus腫瘍の1例.関東整災外会誌51(1): 23-27,2020.

  11. 大野公宏,星亨,工藤文孝,山岸賢一郎:転位型大腿骨頚部骨折に対する骨接合術の治療成績.骨折41(3):892-896,2019.

  12. 大野公宏,佐々木茂:Humeral locking plate(Ortus®)を用いた上腕骨近位端骨折の治療成績.骨折42:371-375,2020.

  13. 中川誉之,星亨,工藤文孝,山岸賢一郎,阿部幹:後期高齢者における下肢長管骨慢性骨髄炎の治療成績.日骨関節感染会誌33:8-14,2019.

  14. 阿部幹,星亨,中川誉之,山岸賢一郎,工藤文孝:リンパ浮腫に併発した非定型大腿骨骨折術後晩発生骨髄炎の1例.日骨関節感染会誌33:45-49,2019.

  15. 町田周平,大野公宏,星亨,工藤文孝,山岸賢一郎:大腿骨頭置換術後に発症した後天性血友病Aの1例.東日整災外科会誌 31(2):161-165,2019.

  16. 中川誉之,星亨:創外固定後ピン感染が深部感染に波及した慢性骨髄炎の1例.日創外固定骨延長会誌31:87-92,2020.

  17. 阿部幹,星亨,工藤文孝,中川誉之,大祢英昭,青柳貴之:大腿骨転子下骨折術後に手術部位感染との鑑別が困難であった転移性骨腫瘍の1例.東日整災外科会誌 32(1):83-87,2020.

 
C. 総説
  1. 細金直文:【姿勢異常と疼痛】成人脊柱変形-人種・民族間の疼痛の相違.関節外科38(12),1255-1259,2019.

  2. 竹内拓海,細金直文,山岸賢一郎,市村正一:イラストレイテッド・サージェリー 手術編 DISHを合併した脊椎疾患に対する新しいPPS刺入法 Double endplates penetrating screw(DEPS)法.脊椎脊髄ジャーナル 32(10):889-895,2019.

  3. 森井健司:悪性骨腫瘍領域の感染予防・治療.特集 国際コンセンサスから見た整形外科感染対策における最新知見.整・災外63:303-307,2020.

  4. 森井健司,市村正一:J-DOSの現状と展望.Bone Joint Nerve 10(1): 103-106. 2020.

  5. 細金直文:脊椎由来の痛み・しびれの診かた.臀部・下肢の痛み・しびれの診かた. Orthopaedics 33(3):35-42,2020.

  6. 細金直文:脊椎椎体骨折 前後合併手術による矯正固定術の固定範囲 手術とピットフォール.整外Surg Tech10(2):195-200,2020.

 

Ⅲ.著書

 
  1. 森井健司(監訳):整形外科感染対策における国際コンセンサス 人工関節周囲感染を含む筋骨格系感染全般. 田中康仁,宗本充編集.奈良県立医科大学,2019.

  2. 林光俊(分担執筆):身体合併症の医療連携-リハビリテーション科-.精神疾患が合併していても身体リハビリテーションはできる!.林光俊,平川淳一,上薗紗映編著.東京,共同医書医出版社,2019.p.173-184.

Ⅳ.報告書

 

該当無し​

Ⅴ.その他

 
  1. 市村正一:第27回日本腰痛学会主催 2019年9月12-14日.

  2. 鈴木啓司:「プレシャスサンデー 」教えて先生!関節のお悩み相談,TBSラジオ,2019年6月23日.

  3. 林光俊:「偉人たちの健康診断-#64 東洋の魔女-」,NHK BSプレミアム,2019年9月19日.

  4. 稲永紗季,長谷川雅一,市村正一:人生100年時代の地域ケアシステム.三鷹ネットワーク大学推進機構,東京,ぶんしん出版,2019.P171-174.